陣馬山でシモバシラを見よう
冬らしく冷え込んだ日でした。

数年前に整備されたという陣馬山への新コース、そして「シモバシラ」が今回の目的です。

陣馬高原下のバス停から30分ほどでその登山口に着きました。
途中パラリと雨がきましたが、それ以上降ることはなく、杉の植林帯から雑木林へと緩やかに登ります。

この日このコースは貸切のようでした。
途中の「茶屋跡」は氣もちの良い広々とした空間です。

このころには体はもうほかほか、歩くってすごいですね。

和田峠からの道と合流すると稜線はまじか、急に賑やかになりました。
山頂に着くと墨絵のような山々がひろがり、晴天時には見られないしっとりとした展望に目を奪われました。

「陣馬山、すてきじゃない!」暖かい茶店に入り、昼食。

風景も茶店もなかなかいい雰囲気です。
茶店の方から「シモバシラ」は昨日あったけれど、今日は駄目とのこと。

残念ですが仕方ありません。

でも、心落ち着く風景と出会え大満足、下山は栃谷尾根です。
途中「温泉近道」のコースに変えました。

こんな古い看板もあり、あまり歩かれていないようですがでもちょっと楽しいのです。
落ち葉いっぱいの雑木林の道に、なんか得した気分です。

急降下で舗装道路に降り立てば姫谷温泉の前。

温泉に少し心を動かされましたが結局パス、かわりにユズを買って藤野駅へと降りました。