西丹沢 知って得するレスキューを学ぼう!
天気が前倒しとなり、雨がパラパラ。

でも、そんな状態をものともせずツワモノたちは集まります。

バス停周辺はすばらしい紅葉です。

月見の宴は雨の宴になりましたが、久々にテントの宴会。

やはりいいものでした。翌日も時々雨。

レスキューの会場に念のためブルーシートを張り、やる気満々です。
最近の事故の事例から何が問題か、何に気をつけるべきかといったディスカッションから始まり、テーピングテープや、ポイズンリムーバーなどの使い方を実際にやっていきます。
昼食をはさんで、雨が上がったときを見計らってストック2本で作った松葉杖の使い心地も試してみました。

「あ、これ、いいかも、使える」
これはザックを使っての負傷者の背負い法。

「わたしでもおんぶできます」

負傷者役は体重の軽い人が人気でした。
ザック担架も作ってみました。

普段、わたしたちが山へ行くときに持っている装備を活かして、迅速に対応すること。

みんな熱心に取り組みました。

もっと時間が欲しいところでしたが、バスの時間もあるので切り上げました。

山は登ってないけれどさわやかな気分です。

充実した時間をおくれたからなのでしょう。
「また、やりたいですね」

最近増加している中高年の事故、たまにはこうしてみんなで考えてみるのもいい。

参加された方々の「事故のない山登りを目指す」という熱意が感じられたうれしい一日でした。