ヒメサユリ咲く
浅草岳と沼ノ平
大宮からひたすら車を飛ばして小出、大白川とはるばるやってきました。

目指したキャンプ場が閉鎖だったため、道路脇のあづまやを拝借しました。

雨の心配もなく快適な天場です。
ときたま通過していた車も時間が経つにつれなくなり、時々降る雨もものともせず、楽しい宴会です。

これは鶏の手羽焼きです。もちろん塩で!
しいたけ、厚揚げの網焼きあり、冷奴ありでもう、完璧な居酒屋です。

昼間かなり蒸し暑かったのですが、夕方には心地よい気温になりました。
働き者のわたしたちは朝早く出て、ネズモチ平の駐車場からスタートしました。
途中、小沢を渡り、じょじょに高度を上げていきます。
「ウチワ!」
「風ー!」

とにかく樹林帯の中は暑いのです。

暑さとの戦いでかろうじてまだ、負けていません。
でも、足元はツツジの花のフラワーカーペット。

自然のやさしい心遣いにも「花より風ー!」
高度が上がるとそれでも少し空気が動くようになりました。

立派なブナが現れ始め、只見にいる幸せを感じます。
イワカガミ、マイズルソウ、シラネアオイ、も出てきてきました。

やはり豪雪地帯ですね。
登山道に水が流れてくると、前岳の分岐です。

たっぷり雪が残っていました。
雪の斜面を登って、ひと登りで山頂。

この頃には雲がどんどん切れていき、田子倉湖や鬼面方面も見えるようになりました。

貸し切りの山頂は静かで、のんびり過ごせました。
山頂を後に、ヒメサユリを見て、カヘヨボッチ経由で下ります。

完全に青空になり、くるはずだった前線はどこへ?

でも、うれしい誤算です。

この日の天場は入叶津の登山口。

水あり、トイレあり、環境良しの良好物件です。ただし、毛虫付き!

時々「ギャアー!」と1名の悲鳴が聞こえましたが、貸し切りの素晴らしい場所でした。
翌日は沼ノ平です。山杉の神からのブナはため息がでるくらいすてきでした。

静かな池のほとりでせわしなく山菜を採る人、本格的に昼寝をする人。

贅沢な時間を過ごしました。

只見で温泉に入り、ひと足早い楽しさいっぱいの大人の夏休みを完結させました。