静けさがうれしい展望の山
戸谷峰 
「松本の夜」をしっかり楽しみ、ぐっすり寝たわたしたちは最終日、7時にホテルを出て戸谷峰にむかいました。

最高の天気です!

登り出しは国道の車の音がうるさかったのですが、登るにつれ静かな山に変わりました。
地図上に破線はありませんが、高圧線の巡視路を利用できます。

念のため時々ホイッスルを吹きながら登りました。

途中わたしたちに気づき大慌てで「ドドッ」と下方に逃げた鹿くんもいました。
気持ちの良い稜線にでると、木々がとてもすてきです。

こんな楽しい木もありました。
最後の短い急登で「戸谷峰」山頂。槍、穂高連峰が真正面に空を切っています。
この連休中の三日間で最高の天気です。

静かな山頂でおもいっきり展望を楽しみました。
展望もいいのですが、紅葉もなかなかのもの。

パキッとした洗練されたものではありませんが、ほわっとしたやさしい景色です。

そして何より気にいったのは反対側のススキの原。

青空にキラキラ、すてきでした。
最後の鉄塔まで戻ったわたしたちは、ここで「山登り」から「ぶどう狩り」へと趣向を変えます。

総力結集!

トゲトゲの草や枝に引っかかれながらも、見事な成果!
とった山葡萄で翌日さっそくジャムをつくりました。

きれいな色です。酸味もほどよく効いて最高の味です。

種を取るのはちょっと手間ですが、でもそれだけの価値があります。
あっちの山、こっちの山、三日間それぞれすてきな山にめぐり会えました。

目いっぱい頑張って登る山もいい、自然の中で遊ぶ山もいい。

いろいろな楽しみ方があっていい、山ってだからいい。

素直にそう思えた三日間でした。