2007年以前の山行記録を見る

2008年12月30(月) 撮影 樋口英子
杓子山、鹿留山に比べると以外に知られていない倉見山。かつてはヤブ漕ぎありの山でしたが今は登山道も整備され、素晴らしい富士山の大観と明るい雑木林の尾根が魅力です。

コース:東桂駅-長泉院登山口--倉見分岐-倉見山-往路を戻る-東桂駅

地図: 2万5千図 都留

2008年12月29(日) 撮影 樋口英子
昔からハイキングの定番として愛された扇山。心弾む雑木林の明るい山稜、山頂からの美しい富士山。年の最後にこの贅沢な王道山歩きを楽しみました。

コース:四方津駅-君恋温泉-荻野、犬目分岐-扇山-水呑杉-梨の木平-鳥沢駅


地図: 2万5千図 都留

2008年12月26日(金) 撮影 高田京子+樋口英子
高柄山は新大地峠からと鶴島御前からが一般的ですが、千足からの最短コースが近年整備されました。733mと標高は低いですが、展望もあり、また千足の集落の美しさも魅力です。

コース:
四方津駅-千足-千足峠-高柄山-新大地峠-川合峠-四方津駅

地図:
 2万5千図 上野原

2008年12月21日(日) 撮影 青木宏文+佐藤充彦
年末の恒例クリーンハイクと鍋山行です。今年は丹沢高松山で年に一度ですがゴミを拾いながら山に感謝。山頂は気持ちの良い草原がひろがり鍋を楽しむのにぴったりでした。

コース:新松田-高松山登山口-ビリ堂-高松山-尺里峠-高松橋-高松山登山口-新松田駅

地図:
 2万5千図 山北

2008年12月7日-8日(月) 撮影 樋口英子
丹沢でもっとも美しいブナ林といわれる堂平から丹沢山へ登り、木の香ただようみやま山荘泊。翌日はこれまたブナがすばらしい鍋割山稜から草原のクヌギ山へとつなげました。丹沢の魅力いっぱいのコースです。

コース:
秦野駅-塩水橋-堂平-丹沢山(みやま山荘泊) 8日みやま山荘-搭ケ岳-鍋割山-後沢乗越-クヌギ山-寄-新松田駅

地図: 2万5千図大山 秦野

2008年11月30日(日)   撮影 青木宏文
日和田男岩、女岩でクライミングの基礎を学びました。三点確保、懸垂下降、基本的なロープワークなどを重点的に。登ることだけでなくトータルで岩をとらえることは実践で必ず役立つでしょう。

2008年11月23日(日)-24日(月) 撮影 佐藤充彦+樋口英子
三ツ峠東尾根はポピュラーな三ツ峠への登路としては一番長いコースです。地形図上にも破線がありませんが、それだけに静かな三ツ峠の違う面が楽しめます。

コース: 23日東桂駅-湯ノ沢温泉-湯の沢峠-大久保山-三ツ峠山頂-四季楽園泊 24日四季楽園-八十八大師-達磨石-三ツ峠駅

地図: 2万5千図 河口湖東部

2008年11月16日(日) 撮影 青木宏文  
近年、近郊の低山であっても事故の件数は非常に増えています。自分だけは大丈夫、がいかに恐いかがわかります。どうしたら防げるか、どうやって対処するか、登山する者として、学んでおくべきことはあるはずです。

2008年11月2日夜-3日(月) 撮影 千島康稔+樋口英子
日向山の北に位置し、山梨百名山でもある雨乞岳(2031m)は、かつて山麓の人々が雨乞いに登ったという歴史のある山です。途中からは八ヶ岳、そして山頂からは鳳凰三山、甲斐駒、鋸、富士山などすばらしい展望が待っています。

コース: 小淵沢-ビレッジ白州-1605m-笹の平-雨乞岳-ビレッジ白州-小淵沢駅

地図: 2万5千図 長坂上条、甲斐駒ケ岳、小淵沢

2008年11月2日(日) 撮影 千島康稔 + 樋口英子
塩山駅の北に位置する滑沢山(1291m)と扇山(941m)はともに破線がありませんが、興味ある稜線です。秋の山をコンパスと地図片手に、明るい紅葉の尾根を歩きまた。

コース: 塩山-坂脇峠-滑沢山-1250m-1002m-扇山-塩山ふれあいの森綜合公園-塩山駅

地図:
2万5千図 柳沢峠、塩山、川浦

2008年10月29(水) 撮影 樋口英子
タワ尾根上にある人形山周辺にはすてきな森が広がります。ここにずっといたい、そう思わせる森なのです。

コース: 奥多摩駅-日原鍾乳洞-籠岩登山口-石山-人形山-金袋山周辺散策-石山-東日原-奥多摩駅

地図:
2万5千図 武蔵日原

2008年10月25日-26日(日) 撮影 高田京子+樋口英子
只見の民宿「才七」をベースに、八十里越えのど真ん中、田代平でキノコとりを楽しみました。キノコとりの講師に教えてもらいながら、一部分ですが八十里越えのコースを堪能。翌日は浅草岳の麓沼ノ平へ入りました。

コース: 25日 越後湯沢-民宿才七-田代平周辺でキノコとり。
26日沼ノ平周辺キノコとり-越後湯沢駅

地図:
2万5千図 只見 守門岳

2008年10月18日-19日(日) 撮影 佐藤充彦+樋口英子
朝日連峰の南端に位置する祝瓶山は標高こそ1400mですが、ピラミダルな美しい山は見るものを惹きつけます。全山が紅葉に包まれる時期、この山がもっとも輝くときです。

コース: 18日米沢-祝瓶山荘(泊) 19日祝瓶山荘-桑住平-ヌルミ尾根-祝瓶山-大玉分岐-桑住平-祝瓶山荘-赤湯駅

地図:
2万5千図 羽前葉山

2008年10月12日夜-13日(月)  撮影 高田京子
松本平から秀麗な姿を見せる戸谷峰は、かつて万葉集にも詠まれた歴史ある山。派手さはありませんが、松本から近い場所で静かな山登りができるのが魅力。この時期の展望が特にすてきです。

コース: 松本-三才山トンネル-野間沢橋登山口-第一鉄塔-第二鉄塔-戸谷峰-登山口-松本駅-新宿

地図:
2万5千図 三才山

2008年10月11日夜-12日(日)撮影 高田京子+樋口英子
京ケ倉、大城は千mに満たない山ですがラクダのコブのような岩場をもち、その景観はまるでアンデスのマチュピチュ遺跡。小粒ながら展望、スリル、史跡と変化に富んでいます。

コース: 明科-まなみ荘泊-万平登山口-おおこばみはらし台-京ケ倉-大城-物見岩-眠り峠-下生坂バス停-明科駅

地図:
2万5千図  信濃池田

2008年10月11日(土) 撮影 高田京子+樋口英子
美しい名の光城山は、桜の名所として有名ですが秋も紅葉と北アルプスの展望が楽しめる山です。ゆっくりのんびり安曇野の里山トレッキングを楽しみました。

コース: 田沢駅-登山口-光城山-長峰分岐-さくら池-登山口-田沢駅

地図:
2万5千図  豊科

2008年10月5日(土) 撮影 青木宏文  
日和田男岩、女岩でクライミングの基礎を学びまた。三点確保、懸垂下降、基本的なロープワークなどを重点的に。登ることだけでなくトータルで岩をとらえることは実践で必ず役立つでしょう。

2008年9月28日(日) 撮影 青木宏文  
すみ沢は登山コースがすぐ脇にありますが、沢としては美しいナメ滝や大小の滝をかけ、その大半が登れる滝であり、人気が出てきています。下山はヤブこぎもなくすぐに登山道に出られるのもうれしいです。

コース: 笹子駅-道証地蔵-すみ沢-上部二俣あたりより登山道-道証地蔵-笹子駅

地図:
2万5千図 笹子        

2008年9月25(木) 撮影 樋口英子
湯ノ沢峠からハマイバ丸の稜線は草原状に開けた気持ちの良い尾根です。そして知るひとぞ知る、花の道でもあります。

コース:
 大月駅-湯の沢林道-湯ノ沢峠-大蔵高丸-ハマイバ丸-湯ノ沢峠-湯の沢登山口-甲斐大和駅

地図:
 2万5千図 大月 笹子 

2008年9月20日-21日(日) 撮影 青木宏文  
阿弥陀岳南稜はバリエション入門として人気のコースです。積雪期もいいですが、無雪期でも充分楽しめます。前日は快適なテントサイトで焚き火をして、初秋の八ヶ岳をたっぷり楽しみました。

コース 20日富士見駅-舟山十字路-広河原沢付近にてテント泊 21日テント-阿弥陀南稜-阿弥陀岳-御小屋尾根-舟山十字路-富士見駅

地図:2万5千図 八ヶ岳西部

2008年9月13日-15日(月) 撮影 樋口英子
仙丈岳から塩見岳へつながる仙塩尾根。仙丈から大仙丈の大展望、落ち着いた雰囲気の馬ノ背の深い樹林、そしてかつて登山道などないころでも人々が越えたという野呂川越。先人の知恵とそしてロマンが漂います。

コース: 13日甲府発バス乗車-広河原-北沢峠-馬ノ背ヒュッテ(泊)14日馬ノ背ヒュッテ-仙丈岳-大仙丈岳-伊那荒倉岳-高望池-野呂川越-両俣小屋(泊)15日両俣小屋-北沢橋-広河原-甲府

2万5千図: 仙丈岳 甲斐駒ケ岳 間ノ岳

2008年9月3日(水)-4日(木) 撮影 樋口英子
霧が峰はマツムシソウが咲き乱れています。ビーナスラインで気軽に車でまわれる霧が峰ですが、今回は車道を離れ、かつての静かで美しい霧が峰の良さに触れるコースを歩きました。

コース: 3日茅野駅バス-霧が峰ロイヤルイン-ヒュッテジャベル-蝶々深山-車山湿原-ヒュッテジャベル(泊) 4日 ヒュッテジャベル-出会いの丘-殿城山往復-出会いの丘-南の耳-北の耳-エコーバレー白樺湖-茅野駅

地図:
 2万5千図 霧ガ峰

2008年8月23日-24日(日) 撮影 樋口英子
八ヶ岳の末端の山、編笠山、西岳。この時期、山は落ち着きを取りもどし、ゆっくり楽しむことができます。雨のため西岳はあきらめましたが、初秋の花、都会の残暑を忘れる山行でした。

コース 23日 小淵沢観音平-雲海展望台-押出川-編笠山-青年小屋(泊) 21日 青年小屋-観音平-小淵沢-新宿

地図: 2万5千図 (八ヶ岳西部)

2008年8月20日(水) 撮影 樋口英子
御坂山塊は知る人ぞ知る、花の多い山です。今回は黒岳周辺でレンゲショウマの観賞を中心に甲斐フウロやアキギリなどたくさんの花をたのしみました。

コース:河口湖-三ツ峠登山口-御坂峠--黒岳--新道峠--大石--河口湖駅

2万5千図:河口湖東部 河口湖西部                                       

2008年8月9日-10日(日) 撮影 樋口英子
畦ガ丸へ突き上げるモロクボ沢はF1である大滝を越えると、美しい淵、きれいな滝をかけ、ヤマメの姿も見られるほど澄んだ水で、近年人気上昇の沢です。ザブザブ水に浸かるも良し、涼感をたっぷり堪能しました。

コース: 
9日 新松田-西丹沢-白石キャンプ場跡泊 10日モロクボ沢-畦ガ丸-善六のタワ-西丹沢-新松田駅

地図: 2万5千図中川

2008年7月31日-8月1日(日) 撮影 青木宏文+千島康稔
威風堂々山裾からみごとに立ち上がる姿はまさしく越後の名峰の風格があります。花の時期稜線にはキスゲやフウロなどたくさんの花に出会えました。

コース: 31日 浦佐-枝折峠-道行山-小倉山-百草ノ池-駒ケ岳山荘(泊) 1日 山頂往復、お花畑散策 駒ケ岳山荘-小倉山-駒の湯-大湯-
小出-東京

地図: 2万5千図 大湯 銀山湖 八海山

2008年7月26日-28日(月) 撮影 青木宏文+千島泰稔
まるで舗装道路のような沢いっぱいにさらさら流れる水。訪れた人々はみな、これぞ天国的ナメ!と絶賛します。きれいで快適な樋の沢避難小屋をベースに、すてきな3日間でした。

コース: 26日東京-仙台駅-秋保温泉-二口温泉-樋ノ沢避難小屋(B.C) 27日B.C-林道-大行沢-石橋-B.C 28日B.C撤収-二口温泉-秋保温泉-仙台-東京

地図: 2万5千図 作並

2008年7月19日-21日(日) 撮影 樋口英子
吾妻連峰は花真っ盛りの時を迎えていました。西大嶺のお花畑と弥兵衛平、明星湖を結びゆっくり吾妻の美しい自然にふれました。

コース: 19日米沢白布温泉-天元台(リフト)-かもしか展望台-いろは沼-西吾妻小屋(泊) 20日西大嶺往復-西吾妻山-人形石-明月荘(泊) 明星湖、弥兵衛平散策 21日明月荘-姥湯分岐-滑川温泉-峠駅-東京

地図: 2万5千図 天元台 白布温泉 吾妻山

2008年7月12日-13日(日) 撮影 樋口英子
岩手山の南裾にある鞍掛山は、岩手山はもとより姫神、早池峰などの大展望の山頂部が魅力です。東北の山の良さをゆったりとあじわいました。

コース: 12日 盛岡発バス-相の沢キャンプ場-沢出合の分岐-鞍掛山-沢出合の分岐-相ノ沢キャンプ場-盛岡駅(泊) 13日 盛岡-啄木記念館-一本杉登山口-八合目-姫神山-清水神社-城内登山口-城内バス停-盛岡駅

地図: 2万5千図 陸中南山形 外山 渋民 鷹高 姥屋敷

2008年6月26日(木)   撮影 青木宏文  
50種、1万株といわれるみごとなあじさいが山腹を埋めつくしています。雨も良し、この時期ぴったりのウオーキングコースでした。

コース: 武蔵五日市駅-金毘羅公園展望台-琴平神社-南沢林道-南沢あじさい山-武蔵五日市駅

地図: 2万5千図 五日市

2008年6月19-21日(土)   撮影 青木宏文+
いろいろあって下北半島のプランが只見に変更。ヒメサユリ咲く浅草岳と沼ノ平でお昼寝をしようという贅沢なプランになりました。

コース: 19日東京-大白川-テント泊 20日ネズモチ平-前岳-浅草岳-カヘヨボッチ-桜曽根-ネズモチ平-入叶津登山口 21日沼ノ平往復-入叶津登山口-東北自動車道-東京

地図: 2万5千図 守門岳 只見

2008年6月15日(日) 撮影 青木宏文
沢のシーズンです。惣岳沢は小規模ながら釜や小滝があり沢初めにぴったりの沢です。下山は大ブナ尾根にコースをとりました。

コース: 武蔵五日市駅-藤倉-惣岳沢-惣岳山-大ぶな尾根-奥多摩湖-奥多摩駅

地図: 2万5千図 猪丸