花と展望とスリル  八ヶ岳 西岳-権現岳縦走
前日、雨・・・・。

今年の夏はころころ変わる天気に悩まされます。

それでも翌日の天気に賭けて、雨の中コースを変更して、観音平からの最短コースで青年小屋に入ったわたしたち。

目が醒めるとなんと

「晴れ!」

やったね!
久しぶりの晴れにうきうき歩きます。

夏の日ざしに、花もうれしそうに咲いてるみたいです。

富士山はもちろん、中央アルプス、南アルプス、御岳山、北アルプスの山々がくっきり。

「すごいね、すごいね」

ほんとうに久しぶりのこの大展望です。

岩稜帯の鎖場も太陽の下ではルンルンです。

乾いた岩の感触がいい!
登るにしたがって、気持ち良く視界が開けていきます。
今日は「花博士」のMさんが、花が出てくるたびに教えてくれます。

イブキジャコウソウの群落はみごとなものでした。

タカネナデシコ、ウサギキク、ウスユキソウ、シャジン、チシマギキョウ・・・・

このコースはやはり花がすてきです。
岩場でニッコリ。

こんな日は笑顔で余裕です。
「ワーイ!やったよ!」

狭い権現岳の山頂で、会心のポーズ。

赤岳もいいけれど、権現岳もすてきな山なのです。
山頂から降りてゆっくり休憩。

地図を見て

「さあ、この先どんなところを降りるんだろう」

いいですね。こういう山への姿勢。
三ツ頭にむかっての、鎖場。

もう、余裕です。

とっても上手に鎖場を通過するようになってきました。
権現をバックに三ツ頭の山頂。

少しずつ、雲が湧いてきましたがそれもいい「夏山Joy!」の世界です。
下りは天女山ではなく八ガ岳神社に降りることにしました。

すてきな花と出会えました。

小さいけれど、ピンクの鮮やかな美しい花でした。

「ワアー、きれい!」

楽しみながら歩きます。
天女山コースに比べると、なだらかで途中から気持の良い樹林帯が続きます。

八ヶ岳横断道路でタクシーを呼び、いつもの道の駅で温泉に入ってさっぱりし、ビールで乾杯。

花あり!鎖場あり!高山的雰囲気あり!

人も少ないし、いいコースに大満足でした。