うつくしまの山旅  歴史の古道 日隠山
朝、ホテルで目が醒めると外は雪景色に変わっていました。

今日の集合場所「夜ノ森駅」へ着き、Yさんを待っている間に雪は止み、時々青空も見えてきました。

早朝の電車で来たYさんが加わり、タクシーで登山口へ。
塩の道、鉄の道の古道は、道も整備され看板も随所にあって、至れり尽せりです。
参拝清水で右、尾根コースから周遊します。

昨日の比べると風もなく、暖かく感じました。

Yさんが加わっていつもの?話題豊富な賑やかパーティです。

分岐からしばらくで、また雪の世界になりました。

まあ、今朝下界でもあれだけ降ったのですから当然です。
急な部分にはありがたいことにロープがあり、安心して下りることができます。

それでも時々「滑る!滑るう!」の声が聞かれましたが。
日隠山の山頂には2組の方々が休んでいました。

この頃から阿武隈方面はどんより雲に覆われてきました。

晴れていたら安達太良山や西吾妻が見えるそうですが残念。
陽だまりで休憩するため山頂をあとにしました。

でもこの道もすてきです。
ロープの張ってある箇所はあるものの、山腹を巻くこちらのコースは緩やかです。

木の所々に雪がつき、とてもおしゃれです。

傾斜のない分ゆとりができて、こんな森をじっくり観察できました。

このあと急激に空が暗くなり、登山口に下りた時には吹雪状態。

呼んでおいたタクシーに飛び乗ってなんとか滑り込みセーフ!

駅に着くと稲妻、雷も加わってもう何でもあり。これはこれでなかなか面白い「うつくしまの山旅」でした。