日和田山 RCT 基礎トレーニング
天気は午前中少雨の予報、それでも集まった「やる気いっぱい?」のメンバー。

うれしいですね。

山はいつもいい条件で登れるわけではないので、こういう日もありと前向きに考えましょう。

女岩正面の壁は下半分が濡れていました。

「滑りそう!」

「こわー!」

いつものように賑やかにワイワイと登りだします。
最初は懸垂下降もこわごわ。

緊張から体が固くなってしまいがちですが、何回か繰り返せば慣れてくるものです。

外岩は久しぶりのTさんですが、何回か繰り返しているうちに、いい姿勢で下れるようになりました。

ほーらね。

Fさんも上手になってきました。
登って、セルフビレーとって、懸垂下降で降りる、一連のザイルワークを憶えます。

「ええと、懸垂に入る前にどうするんだっけ?」

「??わーん、まだ、おぼえられない」
午後からは岩も乾き、登るスピードも早くなってきました。

1回目より2回目、2回目より3回目。上達が目に見えるのも岩の楽しさ。

ゆっくりだけれど粘り強く岩にむかう姿勢に、とても気持の良いものを感じさせられた一日でした。