広々とした草原 展望 岩手のスイスを歩こう
兜明神岳-岩神山
久しぶりの岩手です。盛岡からレンタカーで途中スーパーに寄り、食料品の仕入れ。

この日は午後から雨模様のため、櫃取湿原散策に変更。

3時過ぎに貸切のキャンプ場に戻り、肉野菜の網焼き、サラダ、冷奴など車利用ならではの豪華な食事を楽しみました。
翌日は少しずつ青空が広がっていく中、兜明神を目指します。

樹林帯から天然芝のスキーコースに出れば、さやわかな風がむかえてくれました。
兜広場からほんの少しでてっぺんの岩場です。

ウーン、これ、かっこいい!

ここがあるから、この山いいんですよね。
足下に牧草地や点在する家が見え、気持ちいいことこの上無し。

でも、こけるとケガするので、慎重に、ゆっくり、登ります。
360度の展望!

残念ながらまだ雲がとれず遠望はききませんでしたが「涼しいー!」を通り越して「寒いー!」
くだりはさらに慎重に!

でも、たおやかさだけじゃなく、ちょっと遊ばせてくれるところがなかなか憎いですね。
「剣です!」

いえ、ウソです。でも、カッコいい山頂の岩場でした。
「兜広場」に再び戻って、次ぎは岩神山です。

「ねえ、岩って付くからまた、岩場なのかなあ」

「かもね」

そんな話をしながら「うまっこ広場」の草原に出ました。
「ニガナ」の黄色い花が埋めつくしていました。

「なんてきれいなんでしょう!」

「ニガナの花がこんなに魅力になるなんて!」

うまっこ広場という名前からは想像もしなかったこの美しさ。

やっぱり岩手の山はすてきです!。
岩神山も最後は岩場でした。

兜明神も、この山も短時間で登れる山ですが、ちょっぴりスパイスを効かせてくれるところがすてきです。
往路を戻ったわたしたちは再び「うまっこ広場」の草原でくつろぎました。

このすてきさ、みんなに伝えたい!

約一名は感動のあまり???転げていました
兜広場から下りはまたまたスキーコースの草原です。

この広がり、緑、花。

この日出逢ったのは二人連れ、2パーテイのみ。

贅沢ですね。
ワラビを摘みながら、ハルジオン、ウツボグサ、アカツメクサ、アザミの天然のお花畑をのんびり下りました。

のびのびとして、おおらか・・・・。

珠玉のトレッキングコースといってもいいでしょう。

またまた東北の山が好きになりました。