バリエーションコースで繋ぐ 小楢山から妙見山
登山口を焼山峠に変更し、タクシーで入りました。

降りた途端、さわやかな高原の空気、やはり標高が1500mになると違いますね。

ツツジが終わり、静けさを楽しみながら小楢山山頂に着きました。
幕岩の登りには、がっしりとした鎖がついているので安心して登れます。
幕岩の岩場は、一息いれるにはちょうどいい場所です。

早くも「また、あそこ降りるの?」と心配している人もいましたが。
幕岩を過ぎ、妙見山のコースに入ると、もう誰にも会いません。

天狗岩では再び鎖が出てきて、楽しめます。
妙見山の山頂標識が次々とあり、いったいどこが本当の妙見山なのか・・・・?

最後は急降下の後、フェンスに突き当たります。

ここでちょっと悩みましたが無事フェンスを抜け、鼓川温泉に下山、タクシーで塩山へ。

親切な運転手さんからプラムをいただき、幸せでした。