尾瀬  幻の花トガクシショウマを訪ねて
久しぶりの尾瀬です。尾瀬はこわい・・・・。

かつて、ビッシリ繋がって歩く集団に圧倒されて以来、尾瀬恐怖症が抜けません。

でも、どうしてもトガクシショウマが見たくて・・・・

日程をあえて日、月曜日にしてみました。
一日目、鳩待峠から三又までは人、人でしたが、東電小屋に向かう道に入るとすうっと静かになりました。

カッコーの鳴く静かな尾瀬はやはりいいものです。
翌日はトガクシショウマを見に、温泉小屋から先に進みます。

ありました!

実際に目にすると、なんだかポキッと折れてしまいそうな繊細な花です。

きれいなピンクですがどこかはかない感じがしました。
トガクシショウマを二ヶ所でみることができました。

ほんの少し、時期的に遅かったような気もしますが、出会えただけで満足でした。

そしてあまりにも条件の厳しい場所にいる花たちに、もう、近づかないほうがいいのかな、そんな気がしました。
残雪がありました。

いるのはわたしたちだけ。
三条の滝はすごい水量で一条の滝になっていました。

怒涛のような水量に圧倒されます。

自然の凄さにはかないません。素直に「参りました」
帰路はゆっくり鳩待峠へ。

月曜日でもメインストリートはやはり名物の行列が次々通ります。

「ウギャー」

ま、夏の軽井沢歩いていると思えばいいのです。

沼田では例のとんかつ屋さんでゆっくり食事し、空いている電車で優雅に帰れました。