北アルプスの別天地 横尾谷右俣-天狗原 
久しぶりの上高地。

数年来ない間に、バスターミナル周辺は建物も新しくなっていて、こざっぱりした広場に変わっていました。
さあ、横尾に向かって出発です。

この道、貸し自転車とかあったらなあ・・・・といつも思ってしまいます。
曇りですが河童橋からは吊り尾根も見え、歩き出すと明神岳も見えてきました。
なんだか非常に蒸し暑く、いつものさわやかなイメージが吹っ飛びます。

徳沢では女性たちが名物ソフトクリームで、優雅な休憩時間を楽しんでいました。
横尾では山荘泊まりの女性たちと、テント泊の貧乏組に分かれましたが、夕食までのひととき当然宴会です。

やっぱりみんなでワイワイのほうが楽しいですよね。

そして翌日の天気を祈って、それぞれ眠りについた私たちでしたが・・・・。
夜中雨が降り続きました。

朝、3時半に起きるも強い雨。トイレの前の道は水路になっている始末。

こんな日に横尾本谷に無理して突っ込む気もありません。

テントに全員集合して会議の結果、ここで停滞するより温泉に行こう!と全員一致で決定。
昨日、横尾谷への期待いっぱいで歩いた道、でも天気には勝てません。

また、チャレンジしましょう、天気の安定した時に。

これで2回流れたことになりますが、ますます行きたくなるコースです。
ラッキーなことに、温泉センターでひと部屋、とれました。

松本で仕入れた馬刺しや、いろいろなおつまみで早速乾杯!

登れても、登れなくてもいつでも楽しんでしまう困ったわたしたちです。
和室の部屋は雨具やザックカバーがいっぱいにぶるさがり、ザックの中味がごろごろ。

すぐに居心地のよいテント状態になりました。

登れなかった心の傷?を温泉とビールで癒して・・・・次回こそ!