地図読み山行 上野原
要害山から芦垣尾根
今日は地図読み山行です。

鏡渡橋でタクシーを降りると早速地形図を出して、磁北線、コンパスの使い方など基本を学びます。
はい、現在地確認でーす」

ええと、さっきこの角過ぎたから、ああなって、こうなって‥‥。

みなさん、とてもまじめです。
山の神社に着きました。

「神社は地図でもわかりやすいですよね」

「出発点からここまでの標高差は?」

細かく立ち止まって地図を見ます。

気温が上がってきて、服も1枚づつ脱いで身軽になりました。
要害山の登りは途中、ちょっとだけヤブっぽいのですが、明瞭な踏み後がついています。
山頂は古い社がありちょっとした広場にもなっていて、なかなかいい雰囲気があります。

早めですが昼食をとり、お腹が落ち着いたところで、お勉強と歩き再開。
コヤシロ山方面に向かうと、それまで前後した人々はいなくなり静かな尾根になりました。

ちょっと急な下りをまじえやがて609mの尾根に突き当たります。
芦垣尾根からは幅広い道が続きます。「601mのピークは巻くから現在地はここ」まだまだお勉強は続きます。「エー!まだやるのー?地図しまっちゃったあ」そんな人もいましたが。
芦垣の稲荷神社に到着、道路も、家も神社もとてもきれいなところです。小さな山ですが、取り囲む山麓もすてきです。
バス停に向かうと左斜め前方に午前中登った要害山が見えました。

また次の山で地図読みしましょう。

自分で登る山が把握できるようになるとさらに楽しくなりますからね。