富士山の雄大な自然
小富士からミニグランドキャニオン
御殿場からバスで須走5合目。人が溢れていて富士山人気のすごさを目の当たりにしました。

小富士へはほとんどなだらかで、なんということもなく着いてしまいました、

でも、、それまで多かった人がここにはいません。

のびのび、5五合目、小富士。いいですね。
山頂は雲の中。でもいいんです、今日はここから下りにとります。
三角点にむかっては広い尾根を辿ります。
湯気のようなガスが来て、暖かいような、涼しいような微妙な温度です。

ザクザク、ザクザク、溶岩の道を下ります。

周辺は砂漠のようであり、ちょっとだけ月に来たような、、。
下ることしばし、下草の緑が美しい樹林帯を抜けると、、、。

わたしたちはアメリカアリゾナ州のグランドキャニオンにワープしました。

「ハーイ、ユアウエルカム」

うれしくなったAさんは「トッ、トッ、トー」と登りに行きます。
ウーン、確かに日本離れした風景です。

さすが富士山。

コーヒーを入れて、ランチタイムです。

じっとしていると涼しいのですよ。
突然現れた「日本カモシカ」ではなく、食後のお散歩に、基部まで登るYさん。

「頑張れー、ひるむなー行けー!」

なにしろザラザラで一歩登って二歩下がる?
基部までたどり着いたYさん。.

周りと比べるとこんなに小さいのです。
ミニグランドキャニオンの谷を後に、ここからは富士アザミ鑑賞会になりました。
富士アザミの花を2人が観賞していると、、、突然右端のYさんがゴルフの素振りを始めました。

な、な、なんなんだー。

石川遼?宮里藍?時々駅のホームでは見かけますが、、、。
しばらくで、こんな表示がありました。

どうやら日本の自衛隊演習場近くにワープしたようです。

今日のコースはいくつもの「どこでもドア」があってなかなか楽しめます。
馬返しに着きました。

旧登山道はここから登っていました。

富士あざみラインができ大抵はバスで通過ですが、今日は歩いてみてまた富士山の魅力を見つけました。

短いですが、なかなか楽しいコースでした。