八甲田山 紅葉の旅
三連休をねらって東北紅葉の旅に出かけました。

昼過ぎにレンタカーで弘前に着き、午後は食事と弘前城の観光でなんだかんだいい時間になり、黒石温泉へ。

最新の天気予報から、10日は雨でもOKの岩木山に行きました。
車とリフト利用で裏口入学?的ですが「雨だもん、仕方ないじゃん!」大義名分があ ります。

ガスッたり、ときどき薄日もさす中、山頂に着きました。

100名山にこだわらないメンバーですがそれでも
「えっ、こんなんでいいの?濡れ手にアワ みたい」

ま、日頃の行いのご褒美かも。
さすが100名山。

こんな天気でもゾロゾロ登る人、降りる人でにぎやかです。
駐車場の休憩所に降りると、これから登りだす団体ツアーの方々がきて混雑が始まりました。

比較的すいているときに登れてよかったのかもしれません。
「りんご、りんご」「りんご、りんご」どこをみてもりんご畑。

そしてその色のきれいなこと!

こんなにきれいな色だなんて知らなかったなあ。見とれてしまいます。

モスグリーンがかった葉、いろとりどりの「赤」ほんとうにすてきです。
収穫中のすてきなフアッションの女性と一緒に写真を撮らせていただきました。

「赤いからといって必ずしも塾しているわけではない」「下に銀マットを敷いてまんべんなく赤くする」

など説明していただき、おまけに食べ頃のりんごまでいただきもう、ニコニコのわたしたち。
三日目、夜中に強く降っていた雨も民宿を出るころには上がりました。

酸ヶ湯の駐車場もまだ静かで、ゆっくり登りだしました。

普段でも水っぽいこの山域、登山道は水路そのものになっていましたが、青空も出てきて、気分は上々。
メンバーの一人は長靴、確かに正解かもしれません。

スパッツに雨具のズボンを付けて完全武装のあとのメンバーはビチャビチャ、パシャパシャ、これも楽しいものです。

仙人岱ヒュッテ前はおいしい水もあり、明るく気持ちのよいところです。
仙人岱ヒュッテからひと頑張りで大岳。

やったあ!

でもちょうどガスって風も強いので記念写真のみ。ゆっくり休めるころまで降りることにしました。
大岳ヒュッテで暖かい飲み物をとって休憩。

いよいよ、期待した毛無岱です。一面、金色の草紅葉です。

「虎毛山ー!」
「浅草岳ー!」

今までの山と重ねてしまいますが、ここはさらにすごいかも!
どんどん歩くのがもったいなくて‥‥。

歩いて、止まって、止まって、歩いて。
この広大な広がり。あの先には今度は何が広がるんだろう。

ワクワクして歩きます。
上毛無岱から階段で降りていくと、今度は下毛無岱が眼下に広がります。

うんうん、写真で見てた風景。でも自分のめで見るこの景色にはやはり特別。

「ウワアーきれい!」

口々に賞賛の言葉が出ます。
紅葉と金色の草原がまた始まりました。ゆっくり眺めました。
上毛無岱と同じように原の一角にお休み場所がありました。

わたしたちも、あそこでのんびりしましょう。
3日間、雨をうまくかわして山に登れました。

そして今回うれしかったのはやさし く気持ちのよい方たちと出会えたこと。りんご園の方、民宿のあたたかいもてなし、りんご直売所の若い男女。

しかも出会った女性たちはみんな美人、これすご いです。少人数だからできた楽しい山旅でした。東北の山はこんなスタイルが好きです。