夏山にむけて 三ツ峠
ロッククライミングトレーニング
雨よ、降らないで!

そんな願いが通じたか、天気はこの時期にしては上々。

それにしてもすごい車の数です。

岩場はそうめん流し状態?ぞっとしますが、それでもそうめんの一本に混ぜてもらうため、たっぷり汗かいて岩場へむかいました。
四季楽園で支度して、岩場に降ります。

待つことしばしでやっと登れることになりました。

久しぶりの外岩、最初のピッチは準備運動のつもりでゆっくり登ります。
去年三ツ峠デビュー、今年2年目のSさん、だいぶ慣れましたか?
第1テラスも、第2テラスも、このような混雑。

ビレイ点を取るのも譲り合って、、、が本日の状況。
登る人、下降してくる人。

気をつけていないと、時々「落」が突然「ビシッ!」ときます。

おおコワー!

2P登り、懸垂で降りました。

上部に大人数のパーティがいたので、この日はま、いいか、明日頑張ればいいね、としました。
四季園までの登り

「キツーイ」
「アツーイ」
「死ぬうう」
「もう、ヤダー」
といつものように文句言いたい放題でテラス着。

「な、な、生ビール、ください」そして至福のひととき。これだから、山やめられませーん。
翌朝、今日は負けてらんないと岩場に降ります。幸い、待つことなく取り付けました。

今日のリードは先陣をきってAさん、

「こわいなあ、イヤなんだなー」

とボヤキますが、下ではHが「いいねえ、うまい、その調子!」とほめ殺し作戦をしています
3P目、また入れ替わってAさんリード。

仲良く下でビレイする男性陣です。
でもこの頃から再び混雑が始まりました。
最終ピッチは登る人、降りる人でザイルが何本もわさわさ。

少し人のいないところでビレイするしかありません。
終了点はいままでになく人でいっぱい。まあ、ここまでは雨にも降られず、万々歳。

そろそろ「足、痛いよー」の人も出てきます。

雨が気になるので、今回は「だいこんおろし」をカットして下で残り時間、練習することにしました。
余裕たっぷりで懸垂下降するAさん、いいですねえ。
下に戻って、一般左を登るSさん。

身長をいかして、しなやかに、大胆に。
昨日、久しぶりのクライミングにちょっと硬かった男性Aさんも、今日は調子が戻ってきました。

「俺、パンプより外岩のほうがいいなあ」

と自画自賛??
ボヤキが得意な女性Aさんは、相変わらず

「足が届かないんだなあ、、、、ちょっと、ここいやなんだなあー」

といつも通りボヤキ連発しながら、いつも通り確実に登っています。
身長の高さを利用して、労せず「ガバ」をとるCさんにビレイしているチビどもが「あ、汚い!あ、ずるい!」とヤジります。

「だって届いちゃうんだもん」

この日は3時過ぎまで登り、四季楽園への登りでまたぶーたれ、車まで駆け下って、割り引き券で温泉、そしてビールとどれひとつはしょることなく、律儀に終えたわたしたちでした。