錦秋の尾根を行く
奥多摩 人形山東尾根
Sさん夫妻とのんびり人形山の巨樹をたずねました。

すばらしい秋晴れ、ミズナラの木々の見事さと紅葉にみとれ、ゆっくりまわりました。

貸切の巨樹のそばでお茶をして、木々をあおいで。ときおり、風邪のいたずらでバラバラと降ってくる木の葉に歓声をあげて。
下りは大好きな東尾根。いつもながらこの空間がたまりません。
ガサゴソ、カサコソ。足元はずうっと枯葉の絨毯。

ね、見て見て!赤や黄色のあでやかなのもいいけれど、ベージュの濃淡でまとめたこんな大人色の絨毯もすてきです。
斜めになって生えている巨木の幹につつましく落ち葉が乗っていました。

なんだか可愛らしいのです。
上段歩道の分岐に来ると、去年はなかったモノレールができていました。いつの間に?
またいだり、くぐったり。「さわらないでください」との看板がありましたが、どう考えても無理。

土曜日なので動いていないようでしたが、もし、作動中にぶつかったら、恐いかも。

今回は東尾根を下りにとりました。何度来ても、すてきな場所でした。