谷川岳一ノ倉沢をめぐる
スノートレッキング
土合橋からスタートします。

天気はまあまあ、この季節としてはいい方です。
何回か来ていますが、今回は幅広のトレースがばっちり付いて高速道路なみです。

大パーティでも入っているのでしょうか。
一月に来たとき今シーヅンはかなりの積雪になるのでは、と思いましたが山の上は別としてこのあたりは意外に雪は少ない感じです。
途中こんなデブリが出ていました。
大雪原となった河原はほとんど平ら。

のんびりスノーシューハイクが楽しめます。
一の倉沢付近では迫力満点の黒々とした衝立岩や烏帽子岩を真正面に見ました。

さあ、お楽しみのランチタイムです。

今日はあったか「糟汁」です。

あらかじめ火を通してきた野菜、肉を入れ味噌、酒かすで味を整えます。
「おもちが焦げちゃったあ」

気にしない、気にしない。

おいしそうな糟汁の出来上がりです。
雪の世界でフウフウしながら食べる熱々の汁物は最高!

背後にはフライで風よけを作り「鍋の陣」の雰囲気を盛り立てています。
すぐ下の雪原でも、別パーティがランチタイムをとっていました。
お腹も満足したら、再びゆっくり戻ります。

トレースされていないところを選び、気持ちよく歩きました。

小さな流れも、ジャブジャブ突っ切って「水陸両用スノーシュー?」を試してみたり、いろいろ遊ぶわたしたちです。
ネコヤナギを見つけました。

まだ、2月というのにもう銀色のホワホワがちゃんと出ています。

春が近いんですね。スノーシューを履くと気分もゆったりして自然観察なんぞもやってみたくなるから不思議です。

雪が降り出してきましたが、それもなんかいい感じのスノートレックでした。