2010年山行記録  樋口英子の山のプラン



2010年12月30日(木) 撮影 樋口英子
今年最後の山行は暖かい湯河原の幕岩で楽しくあそびましょう。今回は上部にある「悟空スラブ」でマルチピッチのザイルワークも学びます。

地図: 2万5千図 熱海



2010年12月12日(日) 撮影 青木広文 + 樋口英子
ハイキングの定番ともいえる大野山。気持ちの良い草原の山頂からの展望は抜群です。ゆっくりと登り拾える範囲でのゴミを拾い、ささやかでも山への感謝。山頂で恒例の忘年鍋をして、今年の山、来年の山を語り、楽しいひとときを過ごしました。

コ-ス:新松田発バス乗車-大野山入口-共和小学校-犬クビリ-大野山-嵐-JR谷峨駅-新松田駅

地図: 2万5千図 山北


2010年12月5日(日)
岩櫃山は標高こそ802mの低山ですが、絶景の岩場、展望がすばらしいピリリとした山です。足下に山里が広がる山頂からの展望は着陸前の飛行機からの眺めのようでなかなかのものです。

コ-ス:安中榛名-車移動-吾妻線郷原駅-密岩登山口-天狗ノ架橋-岩櫃山-岩
櫃城本丸跡-郷原駅 

地図: 2万5千図 群馬原町



2010年12月4日(土) 撮影 樋口英子
中乃条や東吾妻方面から見ると、浅間山を隠してしまうところから名付けられた山ですが美しい三角形の山容と360度の大展望が魅力です。

コ-ス:安中榛名-車移動-二度上峠-わらび平分岐-浅間隠山-二度上峠-安中榛名駅-東京

地図: 2万5千図:浅間隠山



仙台 水源の山であり
市民の憩いの山 泉ガ岳
2010年11月20日(土) 撮影 樋口英子
仙台市から近く、昔から水源の山として敬われ現在は市民憩いの山として四季を通じて親しまれています。コースはいろいろありますが、天気がよければ表コースで登り、くだりは自然豊かな水神コースをとる予定です。近くておおらかな自然が感じられる山、いいですね。

コ-ス:仙台駅-泉中央駅(バス)-泉ガ岳青年の家-薬師水-胎内潜り-岩-泉ガ岳-水神碑-野外活動センタ-バス停-泉中央駅-仙台駅

地図: 2万5千図:定義



2010年11月7日(日) 撮影 樋口英子
地形図に破線はありませんがオロセー尾根からスズ坂の丸、そして人形山東尾根へとくだります。タワ尾根はもちろん、オロセー尾根も人形山東尾根もすばらしい紅葉の森に出会えます。晴れてもOK,多少の雨でもしっとり落ち着いた水源の森はさらに風情を増します。

コ-ス:奥多摩駅発バス-東日原(車)-八丁橋-オロセー尾根取り付き-スズ坂ノ丸-金岱山-人形山-人形山東尾根-日原-奥多摩駅

地図: 2万5千図:武蔵日原



2010年11月6日(土) 撮影 樋口英子
人形山東尾根派一般コースとしての破線はありませんが、この時期あでやかな紅葉の森となります。凛として、めくるめくような彩に心身ともに癒されます。ひとつの山域をいろいろなコースから歩いてみるのも、とてもいいものです。

コ-ス:奥多摩駅発バス-東日原(車)-人形山登山口-上段歩道分岐-人形山東尾根-人形山-人形山登山口-東日原-奥多摩駅

地図: 2万5千図:武蔵日原



2010年10月24日(日) - 25日(月) 撮影 樋口英子
両神山は、沢道あり、岩稜あり、絶景ありのすてきな山です。今回は清滝小屋に泊まって、ゆっくり登り絶品の紅葉を楽しみました。

コ-ス:24日 西武秩父駅バス-鹿野町役場-日向大谷入り口-会所-清滝小屋(泊)25日清滝小屋-両神神社-両神山-清滝小屋-日向大谷-西武秩父駅

地図: 2万5千図:両神山 長又



2010年10月9日(土)-11日(月) 撮影 樋口英子
八甲田周辺はこの時期、どこをまわってもすばらしい紅葉が見られます。1日目の梵珠山はシーハイルで知られる山スキー発祥の地であり、ブナの美しい山でもあります。

コ-ス:9日東京盛岡(レンタカー)弘前-梵珠山-黒石温泉10日酸ヶ湯-仙人岱-八甲田大岳-上毛無岱-下毛無岱-酸ヶ湯温泉入湯-黒湯温泉11日黒湯-午前中蔦沼周辺紅葉めぐり後昼前盛岡駅に出発

地図: 2万5千図:雲谷(もや)、八甲田山、酸ヶ湯



2010年10月2日(土)- 4日(月)  撮影 青木広文
紅葉に映える荒沢岳から高層湿原の点在する稜線、利根川水源の大水上山から丹後山へと、魅力いっぱいのコースです。やさしさの中に厳しさがあり、厳しさの中に心癒すやさしさがあり、自然の懐の大きさに感動することでしょう。極力軽量化を心がけて、その分山を楽しみましょう。

コ-ス:3日浦佐-荒沢岳登山口-前山-前くら-荒沢岳-灰吹山-灰ノ又山-源蔵山(ツエルト泊)4日源蔵山-巻倉山-兎岳-大水上山-丹後山-ジャコノ峰―栃ノ木橋-十字峡-六日町駅

地図: 2万5千図:八海山、六日町、五日町、兎岳、銀山湖 



2010年9月19日(日) 撮影 樋口英子
八海山の南、阿寺山から派生する西端にある高倉山は、知る人ぞしる展望抜群の山です。ブナの森を抜けると巻機山、八海山、そしてなかなか見ることのできないネコブをはじめとする上越国境の山々。登り甲斐もなかなか、変化に富んだコースです。

コ-ス:六日町-中之峯新道登山口-ゾウの牙-ラクダのこぶ-高倉山-往路を戻る

地図: 2万5千図:六日町



2010年9月13日(月) 撮影 樋口英子
雪頭ヶ岳は鬼ヶ岳の手前のピークで主稜線からはずれているためでしょうか、意外に知られていませんが花と絶景の山なのです。季節を変えて何度も訪れるフアンもいます。ちょっとした岩場もスパイス、変化に富んだすてきな山です。

コ-ス:河口湖駅-根場-雪頭ヶ岳-鬼ヶ岳-鍵掛峠-根場-河口湖 

地図: 2万5千図:河口湖東部、河口湖西部



2010年9月12日(日) 撮影 樋口英子
黒岳から大石峠の尾根はスカッとする富士山の大展望と秋の花がとてもすてきです。黒岳へは、板取沢沿いのコースから南尾根を辿ります。地図を見ながら、思いがけない花との出会い、そして展望と贅沢に楽しみました。

コ-ス:河口湖駅-三ツ峠入り口-板取沢-南尾根-黒岳-新道峠-大石峠-大石ペンション村-河口湖

地図: 2万5千図:河口湖東部



2010年9月4日(日) 撮影 樋口英子
雄大な展望の小富士(1970m)と、宝永火山から300年をかけ削らた、ミニグランドキャニオンともいわれ見るものを圧倒する絶壁を旧登山道でつなげてみます。富士山中腹のスケールの大きな自然に触れることができます。

コ-ス: 御殿場駅発9:10バス-須走口5合目-古御嶽神社-小富士-旧登山道分岐-グランドキャニオン-馬返しバス停-御殿場駅

地図: 2万5千図 須走り



2010年8月29日(日)- 30日(月) 撮影 青木広文 + 樋口英子
阿弥陀岳南稜はバリエション入門として人気のコースです。積雪期もいいですが、無雪期でも充分楽しめます。前日は快適なテントサイトで焚き火をして、初秋の八ヶ岳をたっぷり楽しみました。

コ-ス: 29日 富士見駅-舟山十字路-広河原沢付近にてテント泊 30日 テント-阿弥陀南稜-阿弥陀岳-御小屋尾根または中央稜-舟山十字路-小淵沢駅

地図: 2万5千図 八ヶ岳西部



2010年8月21日(土)- 22日 撮影 樋口英子
阿弥陀岳南稜コースでは足早に通過してしまう立場山。しかしそのすぐ先では展望が開け、足元にはイブキジャコウソウを始め様々な花が咲いています。いつもは赤岳に譲っていますがこちら側から見る阿弥陀岳は負けず劣らず勇壮な姿におどろかされます。ゆっくり、花と展望を楽しみ、静かな八ヶ岳に浸りました。

コ-ス: 21日小淵沢駅-舟山十字路-広河原沢付近にてテント泊 22日テン場-旭小屋-立場山-往路を戻る-テン場にて撤収-船山十字路-富士見駅

地図: 2万5千図 八ヶ岳西部



南アルプス 雄大な源流周遊
北岳、間ノ岳、三峰岳
2010年8月11日(水)−14日 撮影 樋口英子
深く切れ込んだ谷と原生林に守られた重量感あふれる山々、それが南アルプスの魅力です。今回は快適な両俣小屋を起点に、静かな登路から北岳、間ノ岳、三峰岳と3000mの稜線を漫歩し、仙塩尾根に入って野呂川越まで、源流の峰をぐるり周遊するユニークなコースです。いつもの北岳とはまた違う魅力に触れらるでしょう。野呂川の深い谷に自然の大きさを感じることでしょう。

コ-ス: 11日 甲府発バス乗車-広河原-北沢橋-両俣小屋(泊)12日 両俣小屋-中白根沢ノ頭-北岳-北岳山荘(泊)13日 北岳山荘-間ノ岳-三峰岳-野呂川越-両俣小屋(泊)14日 両俣小屋-北沢橋-広河原-甲府

地図: 2万5千図 仙丈岳 甲斐駒ケ岳 間ノ岳



沢登り入門
奥多摩 逆川
2010年8月8日(日)撮影 青木広文
川苔山につきあげる美しい沢でなかなか登り応えもあり、水と存分に戯れることができる沢です。数箇所ザイル使用の滝もあるので、楽しめます。

コ-ス: 奥多摩駅バス乗車-川乗橋-川苔谷林道-逆川-ウスバ林道-大ダワ-鳩ノ巣駅

地図: 2万5千図 奥多摩湖



涼味満点!雲上トレック
大自然と花の富士山御中道
2010年7月31日(土)撮影 樋口英子
富士山5合目周辺には自然の作り出した天然の庭園があり高山植物も豊富です。また、大沢崩れの大自然のすさまじさは見るものを圧倒します。花あり、自然あり、展望あり、標高2400mの天然クーラーの中でさわやかトレッキング、気持ちいいですよ。

コ-ス:河口湖駅発バス乗車-御庭バス停-御庭-大沢休泊所-御庭-奥庭-5合目スバルラインバス停-河口湖-新宿 

地図: 2万5千図 富士山



山上の花園
頚城 天狗原山 金山
2010年7月24日(土)- 25日(日)撮影 樋口英子
雨飾山から火打山へのびる稜線上にある、天狗原山、金山。山頂付近には色とりどりの花が咲き揃う天然の花畑があり、山上の花園とも称されています。交通の便はよくありませんが、その労は美しい花園で報われます。

コ-ス: 24日白馬駅-小谷温泉雨飾山荘泊 25日雨飾山荘-登山口-ブナダテ尾根-天狗原山-神ノ田圃-金山-往路を戻る-登山口-白馬駅

地図: 2万5千図 雨飾山、妙高山



涼味満点! 奥秩父の美渓
笛吹川東沢釜ノ沢
2010年7月18日(日)- 19日(月)撮影 青木広文
かつて甲武信岳へ登路でもあった釜ノ沢は、途中千畳のナメや両門ノ滝といった美しい滝を持ち、奥秩父屈指の美渓として人気です。広河原で焚き火を囲み、ひと夜を過ごせば自然との融合が感じられます。奥多摩や丹沢の沢に比べると少しスケールも大きくなり、次の沢に向けてのステップアップとなるでしょう。

コ-ス: 18日塩山-西沢渓谷入口-東沢-釜ノ沢出合-釜ノ沢-両門ノ滝-広河原(泊)19日 広河原-水師沢-木賊沢-水源-甲武信岳-徳ちゃん新道-西沢渓谷バス停-塩山

地図: 2万5千図 金峰山



奥多摩 ミズナラの巨樹
水源の森をつなぐ尾根
2010年7月10日(土)- 11日(日)撮影 樋口英子
地形図に破線はありませんがオロセー尾根からスズ坂の丸、そして人形山東尾根へとくだります。タワ尾根はもちろん、オロセー尾根も人形山東尾根もすばらしいミズナラの森に出会えます。晴れてもOK,多少の雨でもしっとり落ち着いた水源の森はさらに風情を増します。前日泊でゆっくり登りましょう。

コ-ス: 10日民宿泊 11日奥多摩駅発バス-東日原-孫惣谷林道-オロセー尾根-スズ坂ノ丸-金岱山-人形山-人形山東尾根-日原-奥多摩駅

地図: 2万5千図 武蔵日原



利根川水源の山をめぐる
丹後山 大水上山
2010年7月3日(土)- 5日(月)撮影 青木広文 + 樋口英子
丹後山から越後三山の最高峰中ノ岳の稜線は、天空の回廊と称される迫力ある展望の道です。この時期ハクサンコザクラをはじめとする花々がいっせいに咲き始め、この山域の素晴らしさをさらに盛り立てています。利根川の水源の山はワイルドで美しく、きっと大好きな山域になることでしょう。

コ-ス: 3日六日町-十字峡登山センター-栃の木橋-丹後山避難小屋(泊)4日丹後山-大水上山-中ノ岳-丹後山避難小屋に戻る または中ノ岳避難小屋泊5日丹後山、または中ノ岳避難小屋より十字峡-六日町駅-東京

地図: 2万5千図 八海山、六日町、五日町、兎岳



東北のスイスに行こう
朝島山 兜明神岳
2010年6月26日(土)- 27日(日) 撮影 青木広文 + 樋口英子
朝島山はナラやカエデブナなど雑木林の美しい山で展望もすぐれています。兜明神はひょこっと突き出た岩から飛行機から眺めるような360度の素晴らしい展望があり、またコース中の高原はスイスに来ているような景観が見事です。

コ-ス: 26日東京-盛岡-朝島山登山口-鉱石跡コ-ス出合-朝島山-登山口-盛岡-(途中買い物)-区界-ウオーキングセンターキャンプ場 27日キャンプ場-兜明神岳-うまっこ広場-岩神山-うまっこ広場-キャンプ場-盛岡駅-東京

地図: 2万5千図  区界 矢幅



南ア前衛の秘峰
日向山から鞍掛山
2010年6月20日(土) 撮影 樋口英子
日向山からのびる日向八丁尾根上、駒岩から少し脇にそれた山が鞍掛山です。真っ白い花崗岩の日向山から、南アルプスそのもののすばらしい原生林の道にはイワカガミ、クモイコザクラがこの時期魅力を添えます。そして展望台からの甲斐駒は絶品!

コ-ス: 韮崎-矢立石-日向山-駒岩-鞍掛山-往路を戻る-日向山-矢立石-韮崎駅

長坂上条



クリンソウ 日本スズラン咲く
花の高原 入笠山
2010年6月19日(土) 撮影 樋口英子
ハイキングの定番ですが、やはりそれなりの魅力があります。この時期クリンソウ、スズラン、ズミなど初夏の花が咲きそろい、山頂の360度の展望とともに魅力満開となっています。ロープウエイ利用でゆつくりその魅力に触れてみませんか。

コ-ス: 富士見駅-ロ-プウエイ山頂駅-マナスル山荘-入笠山-大阿原湿原-マナスル山荘-ロ-プウエイ山頂駅-ロープウエイ駅-富士見駅

地図: 2万5千図  茅野 信濃富士見



夏山にむけて 三ツ峠
ロッククライミングトレーニング
2010年6月12日(土)- 13日(日) 撮影 青木広文
三ツ峠は4ピッチ連続という他の岩場にないスケールの大きさが魅力です。一般ルートですが継続したピッチを登ることにより、セルフビレイや懸垂下降、その他
ザイル操作を学ぶことができます。基本を繰り返し、確実に登り、確実に降りることを学べば大きな自信に繋がっていくことでしょう。

コ-ス:  12日 三ツ峠登山口〜四季楽園泊 荷物を預けてから岩場に移動、クライミング13日 屏風岩の一般ル-トを登り、懸垂下降。終了後四季楽園-三ツ峠登山口-河口湖-新宿 

地図: 2万5千図 河口湖東部



奥多摩 登り尾根から
七ツ石山、石尾根縦走
2010年6月5日-6日(日) 撮影 樋口英子
鴨沢からのいつもの道をちょっとはずしてすてきな登り尾根、歩いてみませんか。尾根の途中にすばらしい樹相があり、七ツ石小屋は富士の見える小屋として人気があります。石尾根は緑豊かで奥多摩の良さが感じられる尾根です。

コ-ス:奥多摩駅-鴨沢バス停-小袖山-堂所-七ツ石小屋(泊) 6日七ツ石小屋-千本ツツジ-鷹ノ巣山-六ツ石山-奥多摩駅

地図: 2万5千図 奥多摩湖、丹波



箱根古道
芝刈りの道から展望の明神ヶ岳
2010年6月2日(水)撮影 樋口英子
明神ヶ岳は展望もよく人気の山ですが、矢佐芝からの二の宮金次郎芝刈りの道という古道が地元の方々によって整備され復活しました。緑の木々も美しく、展望のよいコ-スです。多少の雨でもよし、晴れならさらに良し!古道はそれなりに趣きがあります。

コ-ス:新松田駅-大雄山駅―塚原駅-矢佐芝橋-金次郎腰掛石-登山口-見晴し台-稜線-明神ヶ岳-明星ガ岳とのコル-宮城野-小田原駅

地図: 2万5千図 関本



沢登り入門 水と仲良く
南秋川 軍刀利沢
2010年5月16日(日) 撮影 青木広文
三国峠につきあげる軍刀利沢は小粒ですが、とてもきれいな沢です。5,6mの楽しい滝があり、ザイルワークも学べます。

コ-ス: 武蔵五日市発9:00バス-南郷-矢沢林道-軍刀利沢-三国峠-石楯尾神社-上野原

地図: 2万5千図 五日市 与瀬 上野原



佐渡 花の旅
アオネバ渓谷 金北山 金剛山
2010年5月前夜発8日(土) - 9日(日)撮影 樋口英子
誰もが絶賛する佐渡の花めぐり。アオネバ渓谷から金北山、そして最近注目の金剛山はアオネバ渓谷の花に勝るとも劣らないと言われています。たっぷり花を楽しみました。

コ-ス:8日両津港からバス-ドンデン山荘-尻立山-ドンデン池-金剛山-白瀬登山口-両津(旅館泊)9日両津―青ネバ渓谷ーマトネーイモリ平-金北山-白雲荘-両津港-ジェットホィル-新潟港

地図: 2万5千図 両津北部、小田、金北山



遥かなる山
銅倉尾根からネコブ山
2010年5月3日(月)-5日(水) 撮影 樋口英子
越後三山や巻機山に囲まれ主稜線からはずれたネコブ山ですが、みごとなまでに堂々とした山容は人をひきつけます。今回は十字峡登山センターをベースとして身軽なぶん時間をかけてゆっくり銅倉尾根を登りました。

コ-ス:3日六日町-しゃくなげオートキャンプ場-十字峡登山センター(泊)4日登山センター-銅倉尾根取り付き-桑ノ木山-ネコブ山-桑ノ木山-登山センター泊5日登山センター-しゃくなげオートキャンプ場-六日町駅-東京

地図: 2万5千図 兎岳



すばらしいブナの森
信州 鍋倉山(1289m)
2010年3月20日(土)- 22日(月)  撮影 青木広文
長野県の自然百選に選ばれた、鍋倉山のブナ林。樹齢200-300年の大木は見る者を圧倒します。雪の中ではその存在感がさらに増します。テント泊ですすばらしいブナの森を堪能し、村営の温泉で汗を流しました。

コ-ス: 20日 戸狩野沢温泉-温井貯水池付近(テント泊) / 21日 BC-田茂木池-鍋倉山(巨木の森探索)-BC / 22日 BC-関田峠ブナ林トレック-BC撤収-温井-戸狩野沢温泉

地図: 2万5千図 野沢温泉



雪とぶな林の尾根
 水上 向山(1323m)
2010年2月21日(日)撮影 青木広文 + 樋口英子
向山は尼ヶ禿尼の西、奥利根スノーパークスキー場から尾根伝いに登る山です。ぶな林の雪の尾根はこの時期スノーシューで快適に歩くことができ、楽しい雪山ハイキングが堪能できます。ブナ林の雪の尾根で思いっきり遊んでみました。

コ-ス: 水上-奥利根スノーパークスキー場-リフト上-1168m-向山-奥利根スノーパークースキー場-水上駅

地図: 2万5千図 藤原湖



谷川岳一ノ倉沢をめぐる
スノートレッキング
2010年2月20日(土) 撮影 青木広文 + 樋口英子
雪の谷川岳をまじかに見る、豪快なスノートレッキングです。真っ白い雪に覆われた湯檜曽川の河原をマチガ沢、一ノ倉沢と歩き、日本有数の岩壁を眼前に、ランチは雪のテーブルで熱々の料理をいただきました。

コ-ス: 水上発バス乗車-土合橋-マチガ沢-一ノ倉沢周辺-土合橋-土合駅

地図: 2万5千図 茂倉岳



地図読み山行 上野原
要害山から芦垣尾根
2010年1月31日(日)撮影 青木広文
地図読み山行です。進行方向、現在地確認、傾斜の緩急など、地形図を読めるようになると山がまた面白くなります。安全な登山を心がけるためにも、是非、基本を学んでおきましょう。要害山は低山ながらとても雰囲気のいい山です。

コ-ス: 上野原発バス-鏡渡橋-山の神社-要害山-コヤシロ山-十文字峠-601m-稲荷神社-芦垣下バス停-上野原駅

地図: 2万5千図 上野原



地図の空白部にトライ!
丹沢 鍋嵐山
2010年2月7日(日)撮影 樋口英子
中津川、宮ケ瀬湖、辺室山に囲まれた破線のない鍋嵐山。標高からは想像できない急峻なヤセ尾根で守られている山です。コ-ス取りはいろいろ考えられますが、今回は凍結や雪を避けて、物見峠からの往復としますが、バリエーションの楽しさは充分味わえます。

コ-ス: 本厚木-土山峠-辺室山-鍋嵐山-物見峠-煤ケ谷-本厚木

地図: 2万5千図 大山 厚木 



沼田周辺
小粒でもピリリの戸神山と
独占!雪の板沢山
2010年1月23日(土)-24日(日)撮影 青木広文 + 樋口英子
戸神山は標高こそ771mですが、とんがり山が戸神山となったという一説もあるほどきれいな円錐の山容です。途中、鎖場もあり変化に富んだ道で山頂は360度の展望。今回は高王山までつなげ、楽しみます。板沢山は高檜山の続きにあり1147mの積雪期のみ登れる山です。静かな雪の稜線にわたしたちだけのトレース。小さくても独占の雪山はワクワクしますね。

コ-ス: 23日 沼田駅-戸神山登山口-戸神神社-戸神山-高王山-発知新田-
下発知-沼田駅-水上駅-土合山の家泊 24日 水上駅-石神峠-1033m峰-1147m板沢山-往路を戻る-石神峠-水上駅

地図: 2万5千図 後閑



北八ツ剣ケ峰
スノーハイク
2010年1月10日(日)-11日(月) 撮影 青木広文 + 樋口英子
2010年を記念して北八ツ剣ケ峰(2010m)に登りました。白駒池から諏訪門に出て、道路からすぐに登れる山です。八ヶ岳2000m峰の末につつましく名を連ねる可愛い山。暖かい麦草ヒュッテ泊で、五辻のすばらしい展望、真っ白な雪の森、神秘的な白駒池、見どころ、楽しみどころ満載です。

コ-ス: 10日茅野駅発-ピラタスロープウエイ-五辻-麦草ヒュッテ(泊)11日麦草ヒュッテ-諏訪門-剣ケ峰往復-白駒池-高見石-渋ノ湯-茅野駅

地図: 2万5千図 蓼科



新春ウオーキング
上野原 虎丸山 向風山
2010年1月3日(日)撮影 樋口英子
初歩きは上野原の八重山コースです。途中、干支の可愛らしい虎丸山も寄って縁起の良いスタート。八重山ハイキングコースとして整備され、展望台からは富士山始め、御坂、丹沢、道志の見事な展望があります。帰路は八重山コースから、上野原里山遊歩道をとり、のんびり戻りました。

コ-ス: 上野原発バス-新井-虎丸山-向風山(能岳)-八重山-展望台-上野原中学校-秋葉山-根本山-上野原駅

地図: 2万5千図 上野原