スミレ咲く小下沢から影信山、城山北東尾根
昨日とうってかわって寒い日です。

改札口でお互いに「大丈夫だった?変わりない?」「会えてよかったあ」と声があがります。

震災から3週間、久しぶりに会えたメンバーと一緒に歩けることがとても嬉しいのです。

梅林はもう終わりの時期でしたがそれでもほのかな梅の香は少し幸せな気持ちにしてくれました。
林道を歩く人たちはみんな、花を見ながらゆっくり歩いています。

今までそれどころではなかったし、そんな気持ちになれなかったのは同じなんでしょう。

何回もこのコースに来ているのに初めて「タカオスミレ」を見ることができました。

なんか、とてもうれしい。
スミレサイシンも。
もう終わっていると思っていたハナネコノメも。
ヨゴレネコノメも今日はピカピカ輝いて見えました。
寒いので長い休憩をとらずに、ゆっくり歩きます。
影信山はミツマタがきれいでした。
寒いせいもあって茶屋の「なめこ汁」は人気です。

少しでも活気のある雰囲気にふれるとうれしくなります。
城山まで来たらここから北東の尾根を下ります。

地形図を見る人、磁石で方角を確認する人。頼もしいですね。
「間違えたら言いますから」とリーダーのH。

トップを任された3名は「これでいいんじゃない?」「踏み跡ついてるし」

あまり深く考えないところがいいって言えばいいのかも‥‥?
途中、今年初めてのシュンランに出会いました。

やわらかな色合いはほんとうに春の色です。
すばらしい地図読みで小下沢林道に降りました。

日陰のバス停では梅が力強く咲いていました。

これからも不安な状況が続くでしょう。でも、動くことによってほんの少しでも前向きな何かが生み出せるとしたら‥‥そう思います。