湯河原 幕岩悟空スラブ
基礎トレ-ニング
一年前、雪の舞う恐ろしく寒い日に登った悟空スラブ、今日は風もなく暖かな日です。

まずは久々の岩の感触をたしかめながら、登って降りてを繰り返し、岩と仲良くなっていきます。
やはり岩久しぶりの「組頭M」も、最近激務で少しおやせになった体でスルスル「懸垂下降」のお手本を見せてくれました。
何回か登り下りを繰り返すと次第に体もほぐれ、姿勢も決まってきます。

うーん、上体がしっかり岩から離れているし、踵も上がらず足のおき方が決まっていて、見事な上達ぶり。

すばらしいですよ。
「恐いからさっさと登るの」

そうおっしゃっていたSさんですが、どうしてどうして余裕の笑顔です。
同じくにっこり、今年念願の槍に登ったんですものねー。

余裕、余裕。
懸垂下降も2度目になるとこんなに上手。
「物忘れがすばらしくいい」という美徳を持ち合わせている集団なので
「ハーネス どうやってつけたっけ?」
「エイトノットってどうだっけ?」
「懸垂下降のロープセットって?」

時間はあっという間に過ぎていきます。でも、出だしよりずっ と岩に慣れ、後半は何をするにもぐんとスピードが上がってきました。
下の岩場はめちゃ混みでしたが、貸切でゆったりトレーニングできました。

さ、ト レーニングが終わったら今日は楽しい鍋。「うれしいな、家に帰らなくていいんだ」

決して家庭に問題があるのではなく、ゆっくり山で過ごせることがうれしい のです。久々のテント、やはりいいものです。食べて飲んで9時ごろには爆睡でした。