展望と花の草原 平沢山から飯盛山
野辺山駅から律儀に舗装道路を歩いてしし岩に着き、ここからやっと山道です。

見た目の姿は元気そう??

ですが照り返しの強い道路歩きの暑さに気力、体力のおおかたを奪われほんとうはボロボロ、ヨレヨレ状態なのです。
‥‥花はとてもきれいです。ニッコウキスゲ、ウツボグサ、イブキトラノオ、シモツケソウ‥‥。

でもね、日陰がほしい‥‥。

いつもはおしゃべり上手なわたしたちですが、出てくる言葉は「あつうー」「日陰ー」
平沢山から飯盛山山頂へ。

天気は申し分ないので八ヶ岳も目の前で素晴らしい展望でした。

この日ごく軽い装備の家族連れや仲良しグループがたくさん来ていましたが、ほとんどが平沢峠の駐車場からのピストンでした。
覚悟を決めて清里駅へ織り出します。

途中ナデシコの群落があり、いっとき暑さを忘れて喜びました。
小さな日陰でもあればヨロヨロもぐりこみ、また歩いて。

清里駅への最後、舗装道路の登りにみごととどめをさされました。

今日の学習「もう、2000m以下の山は行かない!」でも花は本当にきれいでした。

マツムシソウの蕾もたくさんありもう少し時期をずらして涼しい時ならもっと楽しめたと思います。