わらじ納め 
湯河原 新崎川左俣
幕岩の翌日は新たに参加した2名と合流、わらじ納めです。

続々と団体が集まる幕山登山口と別れ、白金林道に入ると静かな山の世界です。

白金橋で身支度を整え入渓します。
橋の下で右俣を分け、だいぶ減った水量にほっと安心。

幸い暖かい日ですがでもこの時期、ドボンは避けたいですものね。
あまり、というか、今年の台風などのせいでしょうか、人の匂いが感じらぜずとても新鮮です。

すきなところ歩こう、なんだかワイルドでこれも楽しいですね。
今年沢初めてのTさんは若干緊張気味。

ラストのS.Yさんは、何本か沢に入っているし、横尾本谷も行っているので余裕。

でも所々、岩に落ち葉が重なっているので、気を抜けない場所もありました。
倒木をくぐったり、またいだり、今年はどこの沢も多かれ少なかれこんな状況があるようです。
落ち葉が濡れた岩に張り付きこんな美しい滝もあります。
中尾沢の合流点でこの日はここから登山道にでることにしました。

「わあ、うれしい!」なぜか喜びの声があがるところが‥わたしたちらしい‥?

そうと決まったらゆっくりティータイム。じゃあ、あれも食べる?これも食べちゃう?
中尾沢から登山道に上がるところでちょっと時間のロスがありましたが、登山道に出てしまえばあっというまに白金林道。

とってもいい表情は「沢、終わり!」という安堵感からでしょうか。いえ、ひと仕事やり終えた美しい笑顔です。
林道に咲くつるりんどうはやさしい色でした。
地震や豪雨、台風と思ったようには行けなかった今年の沢でした。

来年は是非!ワイルドで自然の豊かさが感じられる沢行きたいですね。

キラキラ光る流れ、焚き火、緊張感‥きょうの沢は来年の沢につなげてまたすてきな沢行きましょう!