クリーンハイクと忘年鍋山行  戸倉城山
昨日の雨から一変、おだやかな晴れとなりました。

西戸倉のバス停から出発。

真新しい道標があり道は明瞭、今日は大手道とかいわれるコースをとり、戦国の武士になった気分で山城に登城します。
登山口でもある神明神社、昨日の雨で道はちょっと湿っています。

ここでビニール袋やごみつまみトングを用意してクリーンハイク開始です。
しっかし急です。お勤めとはいえ、ここを登ったむかしの人はえらい!

とぶつぶついいながらゴミを探します。メインコースではないせいか、ごみはあまりありません。

毎年クリーンハイクをしていて、ごみは少なくなったなあと感じます。すばらしいことですね。
ゆっくり登っても山頂にはすぐ着きました。

さすが山城、東側が開けていて展望が見事、岩塔のように並ぶビル群の後ろにスカイツリーも見えました。
展望を楽しみ、山城の見取り図をみながら歴史も勉強。

なんてすばらしい山の登り方でしょう!

そうこうしているうちに登りでかいた汗もおさまってきました。さあ、下りです。
出だしから岩と急斜面が待っていました。

しかもたくさんの落ち葉が‥‥。敵は手ごわい!

思わず武士口調で「やめ、やめ!ごみ拾いやめーい」

しばしまじめに下りに専念しました。
でもこのあたり雑木林の紅葉がとてもきれいです。

里山らしい、やさしい紅葉で気持ちのよいところでした。
途中、真っ赤な実がいっぱいの南天や、冬イチゴの実、たわわになっているゆずの木などを見ながら光厳寺に着きました。

日だまりの中で静かなたたずまいのお寺はお庭もとてもきれいです。

ここからは舗装道路、ごみ回収はここで終わります。秋川に沿って鍋会場へと歩きました。

少々紆余曲折の道のりで着いた鍋会場。そばにトイレはあるし、河原はきれいだし、 なかなかいい場所です。

手早く鍋が準備され乾杯で楽しい鍋タイムの始まりです。

打ち合わせせずにそれぞれが具材を持ち寄るのですが、毎回それほど偏ること なくうまい具合にいくから不思議です。山やの勘でしょうか。
だいぶお腹が満たされたところで「今年の年間最優秀賞」発表。

横尾本谷とパンプ に対してSさんに決まりました。賞金「100万円」と「ベンツのキィ」を(ウソ!)樋口財団から渡されてにっこり。

震災や原発問題など大変だった一年 ですが、来年も花のきれいな山、ちょっと頑張る山、できれば今年以上に行けたらうれしいですね。クリーンハイクご協力ありがとうございました。