秩父花紀行
つつじ咲く岩根山から長瀞
久しぶりの秩父、でも遠い、、。

藤沢から参加したHさんは5時に出発したとか。

午後は雨の予報ですが、遠路はるばる来たのですからなんとか持ちこたえてほしい。

そんな願いで野上駅から岩根山に向かいました。
ツツジは一週間遅かったかも。

すでに咲き終わった木もありますが、入場料800円も払ったのですからその分、しっかり見て、楽しまなくちゃ。
ミツバツツジは手入れされ、大きな木が多くそれなりに見応えがあります。

色も濃いのがあればやや薄いのもあり、微妙な色合いも楽しめます。
ツツジのトンネルってここかなあ、でも、800円は高い。

眺めながらもついつい800円が出てきます。

以前行った福島の花見山は
確か無料だった気がするけれど。

わたしたちの意見はここは500円が妥当ということになりました。
岩根神社に近づくと、ちょうど登ってきたところが見下ろせ、桜、ハナモモ、ツツジがきれいです。

でもねえ、やっぱり800円はねえ。
岩根神社の赤い鳥居はとても可愛く、素朴です。
神社を守る「狼狛犬」  恐いような、、、かわいいような、、、。
神社の下のあずまやで食事。

午後からの雨にそなえて葉原峠方面には行かず、長瀞に出て野土山の山桜を見にいくことに変更。

このあたりは桜、椿がとてもすてきです。
下っていくと、登りとは道が違うので斜面のツツジがきれいです。

でも、やっぱり800円は高い、、、。

この日はじっとしていると寒いくらいで社務所の方々は焚き火で暖をとっていました。
岩根山入り口では紅白のハナモモが見事でした。

この花はいたるところで見られますが、あまりにコテコテでちょっと、、、。

淡い桜のほうが落ち着くかな、わたしたちは。
長瀞駅に向かって延々と続く桜並木の道を行きます。

最盛期は終わっていますが、でもすてきなお家や花が多く、歩いていてあきません。途中、フキノトウ、菜の花、ワラビ、クレソンなど売っているお店発見。

大好きな買い物をして、親切にもお茶やおいしいこんにゃく、ジャガイモなどどんどん出してくださり、ここで一気に盛り上がりました。

12長瀞駅に着く前から雨が降り出しました。野土山の山桜は見事だったし、ノビルやカンゾウも摘めたし、買い物できたし、花も楽しめたし。
遠かったけれど、それなりに目いっぱい遊んだ日でした。