温泉とスノーシューハイク
信州 鹿沢 村上山
鹿沢高原休暇村を出発したときは雪、でも登るにしたがって青空が広がってきました。

本日はスノーシュー、吹き溜まりではトレースが消えているところもありスノーシュー大活躍です。
Tさんのスノーシューがときどき外れるというアクシデントがありましたが、それでも順調に登りました。

これぞ、スノーシュー日和とばかりに青空ぐんぐん、雪面がキラキラ輝きだしました。
山頂手前の東屋。

ふだん山に人工物はいやだといっているのに、なぜか吸い寄せられるように入ってしまうから不思議です。

ま、いいか、今日はスノーシューハイクだしね。
東屋のある広場からまた雪の森に入って……。

昨日と違いたいした傾斜もないので気分もぐっとリラックスモード。

時々トップも入れ替わり、交代でラッセルも楽しみました。
地図で見たよりあっさりと山頂に着きました。

遠くの山々は雲であまりみえませんが、足下には嬬恋の畑が広々。

風が冷たく写真を撮ったら早々退散です。
下りは余裕で雪の森を楽しみます。

「わあー、きれい」
「見て、わたしの森よ」

雪の女王になるとこんな気分なのでしょうか。
この頃より後続のパーテイがあらわれました。

よかったね。少しラッセルはあったけれど、そのぶん雪がきれいで楽しめたし。

村上山はスノーシュー入門のコースとして、確かに最適な山でした。
ひと晩お世話になった休暇村。

お風呂もよかったし、朝食、夕食のバイキングも品数豊富で楽しめたし、送迎バス付きだし。

たまには「安いが一番」の貧乏根性を引っ込めての旅もいいかも。