破線のない山
丹沢 仙洞寺山
雪が多そうなので八坂神社からのピストンに変更。

三ケ木からの国道歩きでも周辺の山、家々のまわりにも雪が見られました。

神社の脇から林道に出て雪道歩き、その後尾根に乗りました。
青木の林や、すっくり伸びた大木、蕾をつけたミヤマシキミなどなど、時間に余裕ができたのでゆっくり楽しみます。

雪の斜面は時おりキックステップも入れそうこうするうちに仙洞寺山山頂に着きました。
静かです。冬枯れの木に囲まれていますが暖かい日差しがとてもやさしくて、心安らぐ空間です。

展望がなくても、雪と青空と静けさでこの山頂は○!
少し固かった雪もしばらく下ると緩んできて、ザクザク軽快に下れます。

あら、桜の木もある、お花見に来てもいいかもね。

うん、近いし、花見酒なんかいいかも。
下りはやはり早い、あっというまに「さがみの森」の看板に着きました。

ここには小屋があり、テーブルとイスも用意されていました。
周遊道路に降り立ちました。まばゆい雪の広場です。

ちょっとした雪山気分が味わえて得した気分。
林道沿いにはこんなツララもできていて、

えらい!立派!

ほめてあげたくなります。
途中何箇所か、展望がひらける場所もあり楽しませてくれます。
いつもそうですが、メンバーのみなさんは本当に話題豊富。

そしてよく笑います。歩いて、しゃべって、笑って、こんなにいいことありませんよね。

人が転んでも笑いながらシャッター!これがなくちゃあ。
雪がなくなるころ、右手にすてきな雑木林が広がります。

わ、わ、歩こう、歩こう。道はずれ大好き!

わたしたちは「楽しいことみつけ大好き人間」ですから。
登りは八坂神社の脇からでしたが下りは神社の急な石段を避けて林道通しで降りました。

「通行止め」を長い足でまたいで終了です。
三ケ木までの国道歩き。

こんなすてきな土蔵もあったり、すごいカラフルななんとかクラブの建物があったり、イヌフグリ見つけたり、ちっともあきませんでした。

この季節ならではの低山歩き、思った以上に楽しみました。