すてきなバリエーション
恵能野川から滝子山
大月駅からタクシーで恵能野神社に入りました。

えのうの、あもう沢、このあたりの名前は歴史や伝説が感じられそれが山に深さを与えているような気がします。

大好きな滝子山、今日は東面からです。
最初に出てくるはずの鉄骨むき出しの壊れた橋。

これはもう修復されておりドキドキしていたのですが難なくクリア。

やがてひとつ目の渡渉点です。
水量が少なければ飛び石伝いでもいいのかもしれませんが、今日はけっこう多い気がします。

こんな場合に備えて用意した秘密兵器はサンダル。

ヒャー冷たい!
気持ちいい!

ジャボンを気にせず、ジャブジャブ渡りました。
途中こんな滝も見られ、水もきれいだしなかなか癒されるコースです。
釣り人2組に会いましたがあまり釣れないようです。

何回か渡渉すると山の神です。

この先アモウ沢沿いに進むと道はガレで大きく崩れており、少し戻って恵能野川沿いのコースに入りました。
このコースは巨大堰堤がキーワード。どこにあるのか、それを知りたいと思っていました。

岡松ノ峰方面の踏み後と別れ、少しヤブっぽいところを過ぎると前方に白い堰堤が見えてきました。

堰堤に向かって沢を渡ります。
なるほど、忽然とあらわれた堰堤。

なんか場違いのような、真新しい堰堤でした。
ここまで沢沿いの道とはいえ、やはり蒸していて汗びっしょり。

冷たい水に生き返ります。

充分涼んでから東から北東に突き上げる尾根を目指します。
登り始めるととにかく急です。

でもその分稼げるのですが涼しい風がくるところで休み、また急登に汗をかきの繰り返し。

ところどころ柔らかい土のトラバースもあり、それなりに気をつかいます。
アモウ沢左岸の尾根と合流すれば稜線は近くなるのですが。

その手前に大きな岩が立ちはだかり、直登するにはやはりロープを出したほうが安全。潔くトラバースに決定。

巻いてアモウ沢側からくる尾根と合流しこれでリーチです。
稜線手前の緩い傾斜に入る頃からガスがかかってきました。

樹林帯を包んだ深いガスは幽玄な雰囲気でこれもすてきでした。いい山です。

通行止のバーをまたげば登山道と合流。
下りはすみ沢コースに決めたので滝子山の山頂に行ったことのない一名が往復。2 名はガスの中、虫と闘いながら待機。

ふと横の木を見ると‥。熊さんの爪あと。でもいいコースでした。

渡渉あり、ルートフアインディングあり、岩あ り、変化に富んだコースです。こんどは秋にきてみたいな、大好きな滝子山ですから。