新緑と輝く水 ワラジ始め
湯河原 新崎川左俣
去年秋中退した沢に決着をつけたくてやって来ました。

日差しの暑い林道歩きにぶつくさ言い、ひと汗、ふた汗かいて白金橋から入渓します。
今回は登るぞー!

やる気満々のSさん。
前回は落ち葉がたくさん岩の間に詰まっていたのですが、今日はすっきり、登りやすい気がします。
濡れた岩にヒメレンゲが咲いていたり、日本庭園に来たようで、とてもきれいです。
シーズン始めの沢はいつもちょっぴり緊張しますが、この沢は滝がやさしいのでちょうどいいかもしれません。
うーん、美しい!

ミニ奥入瀬みたい。

行ったことはないのですが。
けっこう水は冷たいのですが、気にせず、バシャバシャ。

滝はあるといえばあるけれど、全部スタコラ登れるので気楽です。

むしろ間の河原の倒木や石ころ歩きのほうが面倒です。
あっさり湧水地まできました。岩の間から落ちるさまは見ていてもとてもきれいで す。

Mさんはしきりに
「もう、いいんじゃない、きっとヤブが出てくるから脇の登山道で帰ろう。早くビール飲もう」
とんでもない提案です。

当然ながらこれは 元気溌剌のSさんに「絶対、完全遡行!」と却下されました。
二股に入って、高度差にしてあと150m。

もう、リーチです。
が、、、、!

杉がド派手に倒れ、沢を覆い尽くしていました。
ガーン!

密な杉の 枝がチクチクさしてくるような根性の座った倒木に、根性のないわたしたちは「ヤダ!」「帰る!」ここは全員一致です。

最後のハング滝で遊ぼうと思ったのにね、上の道路出てバスで帰ろうと思っていたのにね。
じゃ、せめて懸垂下降でも一発しますか。

どの木がいい?
この木!

ロープをセットするSさん。
少し沢を下り土肥大杉から降りてくる登山道に上がりました。

登山道は極楽、極楽。

もう、気分はビール、ビール。どこで飲む?小田原にしない?いいね。
今日はたくさんの蝶を見ました。先々週高尾山で知った「オナガアゲハ」も見分けられました。

うん、素晴らしい学習能力!と自画自賛!

めずらしい糸トンボも目につきました。
あっという間に右俣沢を越えて、林道に出ます。
幕山公園はシャクナゲが花盛り、木が大きいのでとてもあでやかです。

公園がどん どん拡張され、整備も広がっていますが、できればいかにも公園じゃなくて自然をも感じさせてもらえるとうれしいのだけれど。

タクシーを待つ間、服を着替え てさっぱりし、本日の第2部にむけて準備を整えました。