2013年の山行記録



2013年12月7日(土) -8日(日)
年間を通してさまざまな山に登るわたしたちは、より安全を心がけ少しでも危険を減らして山を楽しみたいと思います。基本の歩き方は無雪期でも雪道でも岩でも通用します。富士山トレーニングは5合目まで、土から雪、やわらかい雪から固い雪と変化し、歩き方を学ぶには最適といえましょう。初日は5合目までゆっくり登り、暖かい佐藤小屋に着いた後は夕食までレクチャ(今年の中高年の事故原因なども検証)。翌日は小屋周辺で実地トレーニングとします。年齢とともに落ちていく体力は技術であるていどカバーできます。基本重視で行いますのでこれからの山行にきっと役立つことでしょう。

コース:12日 富士山駅-馬返し-5合目佐藤小屋(泊) 13日 5合目周辺でトレーニング - 佐藤小屋で昼食後下山 - 富士山駅着

地図: 2万5千図 富士吉田 須走り



2013年12月1日(日)
梅ケ瀬渓谷は両岸の浸食崖に映える紅葉が見事で千葉有数の紅葉スポットとして知られています。渓谷の奥には美しいこの地に理想郷を作ることを目指した日高邸跡もあり、故人の壮大な夢にふれるのもいいでしょう。大福山は242mの低山ですが展望がよくなつかしい里山の風景を見せてくれます。時間があれば五井駅でおいしいお魚グルメなんていいかも。

コース:新宿駅-五井駅(小湊鉄道)-養老渓谷駅-シャトルバス-梅ヶ瀬渓谷入口-梅ヶ瀬渓谷-日高邸跡-大福山-梅ケ瀬渓谷入口-養老渓谷駅

地図: 2万5千図 大多喜



2013年11月24日(日)
矢倉岳は秋になると行きたくなる山のひとつです。秋草に覆われた草原の山頂、そして富士山、何度行っても心やすらぐ場所です。今回は下りを21世紀の森にとってすきな紅葉も楽しみましょう。

コース:新松田駅発地蔵堂行バス乗車-矢倉沢-白山神社-矢倉岳-山伏平-21世紀の森セントラル広場-森林館-内山(バスまたはタクシー)-山北駅

地図: 2万5千図 関本 山北



2013年11月23日(土)
雨山峠を越えればそこは西丹。かつての岳人はこの峠を越えて西丹に入り沢や奥深い山を楽しんだものです。秘境といわれたユーシン、丹沢の黒部ともいわれ愛された美しい玄倉川の流れ。今も健在で特に紅葉の時期はその景観の美しさをあますところなく見せてくれます。丹沢のもうひとつの魅力に触れられるコースです。

コース:新松田駅発寄行バス乗車-寄-寄沢-雨山峠-雨山橋-ユーシン-玄倉林道-バス停玄倉-新松田駅

地図: 2万5千図 大山 中川 秦野 山北



2013年11月9日(土)
川治温泉の西側にある南平山(1007m)は平家落人の黄金伝説の山として知られていますが、紅葉も見事なすてきな山です。行程には余裕がありますのでちょっと頑張って早起きすれば紅葉のすばらしさが酬いてくれるはずです。時間があまれば温泉に入るもよし、黄金を探して一攫千金の夢をみるのも楽しいかもしれません。

コース:川治湯元駅-黄金橋-登山口-送電線鉄塔-南平山-往路を戻る-川治湯元駅

地図: 2万5千図 川治



2013年10月5日(土)-6日(日)
紅葉の美しさで知られる栗駒山ですが、天馬尾根は特にすばらしい眺めが待っています。コバルトブルーの昭和湖、そして紅葉の海が続く秣岳への稜線。秋の栗駒の美しさが凝縮されているコースです。一日目は紅葉ドライブを楽しめます。須川温泉で日頃の疲れをとったら、翌日気持ちよく登れることでしょう。

コース:5日:一ノ関駅集合-昼食後(駅弁でも食堂でも可) レンタカーにて須川温泉(泊)6日:須川温泉-栗駒山-天馬尾根-秣岳-須川湖-須川温泉-一ノ関駅

地図: 2万5千図 栗駒山(要確認)



2013年9月29日(日)
豊かな樹林あり、一万年前の溶岩あり、御殿場口新5合目から周遊できるこのコースは富士山の別な魅力を見せてくれます。双子山からの展望、そして紅葉のはしりの景色も楽しみです。

コース:御殿場駅-御殿場口新5合目-幕岩-四辻-双子山(二ツ塚)-御殿場口新5合目-
御殿場駅

地図: 2万5千図 印野



2013年9月23日(日)-25日(火)
涸沢から北尾根にむかい北尾根最低コルにでれば眼前に穂高、槍ヶ岳が圧巻のスケールで広がります。来てよかった、そう思える景色です。紅葉のはじまった山々の美しさに思いっきり見とれましょう。ゆとりの日程ですので徳沢も涸沢も雰囲気、景色を楽しんでください。

コース:23日 松本駅-上高地-徳沢(泊) 24日 徳沢-横尾-涸沢(泊) 25日 涸沢-パノラマ新道-徳沢-上高地-松本

地図: 2万5千図 上高地 穂高岳



2013年9月23日(日)-25日(火)
涸沢から北尾根にむかい北尾根最低コルにでれば眼前に穂高、槍ヶ岳が圧巻のスケールで広がります。来てよかった、そう思える景色です。紅葉のはじまった山々の美しさに思いっきり見とれましょう。ゆとりの日程ですので徳沢も涸沢も雰囲気、景色を楽しんでください。

コース:23日 松本駅-上高地-徳沢(泊) 24日 徳沢-横尾-涸沢(泊) 25日 涸沢-パノラマ新道-徳沢-上高地-松本

地図: 2万5千図 上高地 穂高岳



2013年7月20日(土)-21日(日)
多摩川の源流水干沢はナメと小滝、緑の苔が美しいやさしい沢です。多摩川の最初の一滴にむかって流れをたどってみましょう。涼しく快適!水源ならではの美 しい樹林の尾根道もすてきです。時間がたっぷりありますので「源流カフエ」もいいですね。民宿は名のとおりみはらしの良い快適な宿です。車なのでテント組 も背負う必要なし、涼しい高原でキャンプを楽しみましょう。帰路大菩薩の湯でさっぱり汗を流せば最高の締めですね。

コース:20日塩山駅(レンタカ?)-一之瀬高原(泊)21日 作場平駐車場-一ノ瀬川本谷-水干沢-水干神社(お好みで笠取山往復)-笠取小屋-作場平駐車場-塩山駅

地図: 2万5千図 柳沢峠 雁坂峠



2013年7月6日(土)-7日(日)
いよいよ夏の暑さ本番です。こんなときには涼しい山の上で蛍観賞はいかがでしょう。山上の蛍はとても神秘的です。天然クーラーの涼しい一夜を過ごしたらアヤメや清楚なクサタチバナといった花々を見てマイナスイオンいっぱいの母の白滝へ降ります。このコースは樹林もすばらしく木々の木陰が涼しい道です。時間に余裕のあるかたは温泉で締めるのもいいですね。

コース:6日河口湖駅-三ツ峠登山口-四季楽園(泊)夕食後ほたる観賞/7日開運山往復-木無山-母の白滝-浅間神社-郵便局前-河口湖駅

地図: 2万5千図 河口湖東部



2013年6月29日(土)-30日(日)
飯豊連峰の前衛峰ですが展望、花、山深さなどが一級品の山です。この季節、春の花が彩る残雪を踏んで山頂への道にでると、ヒメサユリの可憐な姿が出迎えてくれます。前日早目に睡眠をとり、4時起床で時間に余裕をもたせました。必要ない荷物は宿泊所にデポします。

コース:二王寺神社スタート(AM5:00)- 王子-独標-二王子岳-往路を戻る-二王子神社(タクシ?)-発田駅

地図: 2万5千図 二王子岳 上赤谷



2013年5月26日(日) 撮影  樋口英子
三角錐のきりりとした釈迦ヶ岳は山やなら誰もが行きたくなる山容です。稜線のちょっとした岩場を登ればそこは大展望が待っていて標高よりもずっと雄大さが 感じられる秀峰です。下りはスズランの里に出て、散策するのもすてきです。

コース:石和駅(タクシ?)-檜峰神社-釈迦ヶ岳-府駒山-すずらんの里-上芦川-石和駅

地図: 2万5千図 河口湖西部



2013年5月18日(土) - 19日(日) 撮影  樋口英子
コース:19日 民宿泊組と合流-大滝林道終点-黒沢越分岐-百戸沼-木地夜鷹山-百戸沼手前-大滝林道終点(車)-大滝林道終点(車)-郡山駅

地図: 2万5千図 安座



2013年5月18日(土) - 19日(日) 撮影  樋口英子
眩い新緑の白肌ブナの林、キツネ戻しの圧倒的な岩壁、サンカヨウ、ニリンソウ、イワカガミなどの春の花々、かつて鉱山があり百戸もあったという神秘の百戸沼。静まり返った中に自然の本来の姿が感じられる山域です。小沢ですが渡渉が数回ありますので(通常踝くらい)渓流靴か長靴が楽でしょう。アルプスとは別の意味で日本の山はすばらしい、きっとそう思うはずです。 



2013年3月17日(日)  撮影  樋口英子
越後も春らしくなってきました。大力山(604m)坂戸山(643m)共に可愛い里山ですが、展望は超一級品。越後の山は標高からは想像できないすばらし い贈り物をしてくれるのです。寒さも和らぎ、春の息吹を感じながら雪の尾根を楽しめることでしょう。

コース:六日町-坂戸山登山口-薬師尾根往復で坂戸山-登山口-六日町駅

地図: 2万5千図 六日町



2013年3月16日(土)  撮影  樋口英子
越後も春らしくなってきました。大力山(604m)坂戸山(643m)共に可愛い里山ですが、展望は超一級品。越後の山は標高からは想像できないすばらし い贈り物をしてくれるのです。寒さも和らぎ、春の息吹を感じながら雪の尾根を楽しめることでしょう。

コース:小出駅-宝泉寺-大力山-帰路は時間天気により宝泉寺または365mから城山トンネル-宝泉寺-小出駅

地図: 2万5千図 小出



2013年2月24日(日)  撮影  樋口英子
コンパスと磁石を使った地図読み第2回目です。藤野駅と相模湖駅の中間に位置する矢の音を中心に登りは562mピークの南南西尾根から、下りは矢の音南尾 根をとります。1回目で憶えた進行方向の確認、現在地の確認、およそのコースタイムの割り出し方などを復習しさらに山座同定も覚えます。暖かい南面の尾根 でゆっくり学習して着実にまた一歩自分のものにしていきましょう。

コース:相模湖駅-奈良本-562m南南西の尾根取り付-562mピーク-矢の音633m-南尾根-410m峰で横橋、または貝沢-相模湖駅

地図: 2万5千図 与瀬



2013年2月16日(土)  撮影  樋口英子
笹原の山頂は、富士山、南アルプス、駿河湾 ぐるり360度の大展望で有名な玄岳です。今回は昔氷を作っていたという氷池から登ります。神秘的な池と大展望、そして春を感じさせる熱海の町といろいろ 楽しめるコースです。

コース:函南駅-熱函道路玄岳登山口-氷ケ池-玄岳-熱海新道-玄岳登山口-熱海駅

地図: 2万5千図 網代 熱海



2013年2月3日(日)  撮影  樋口英子
保田駅から登れる低山ですが、途中山中に咲く水仙あり、デデッポ?の足跡という巨人伝説の場ありで締めは菜の花と梅が出迎えてくれます。厳しい寒さが続く 今年、春を感じるのはうれしいですね。地形図でコースとしての破線は繋がっていませんので、地図読みをしたい方も面白いでしょう。

コース:保田駅-浅間神社-浅間山151m-水仙の山130m-デデッポ?の足跡-鹿嶺189m-光顕寺-長狭街道-保田駅

地図: 2万5千図 保田



2013年1月20日(日)  撮影  樋口英子
登山には山頂に立つだけでなくいろいろな楽しみ方がたくさんあります。その中のひとつに地形図があります。どんな傾斜なのか、どのくらいの標高差を登るのか、時間はどのくらいかかるのか、そうしたことの答えやヒントが2万5千図の中で読み取ることができます。そしてそれは登山の安全にも繋がり、自分の身を守ることにもなります。今回は低山なのでゆっくり時間がとれますので、はじめての方でも勉強する時間がたくさんあります。破線の入っていないエリアなのでこのコースを歩きたい方でもかまいません。体力だけが山じゃない!頭も使って山を楽しみましょう。説明等で立ち止まることが多くなりますので、衣類に留意してください。

コース:武蔵五日市駅-勝峰山

地図: 2万5千図 武蔵五日市



2013年1月12日(土)-13日(日)  撮影  樋口英子
年間を通してさまざまな山に登るわたしたちは、より安全を心がけ少しでも危険を減らして山を楽しみたいと思います。基本の歩き方は無雪期でも雪道でも岩でも通用します。富士山トレーニングは5合目まで、土から雪、やわらかい雪から固い雪と変化し、歩き方を学ぶには最適といえます。初日は5合目までゆっくり登り、暖かい佐藤小屋に着いた後は夕食までレクチャー。翌日は小屋周辺で実地トレーニングとします。学んだことはこれからの山にきっと安心と向上に役立ちます。

コース:12日 富士山駅-馬返し-5合目佐藤小屋(泊) 13日 5合目周辺でトレーニング 佐藤小屋で昼食後下山 富士山駅着

地図: 2万5千図 富士吉田 須走り



2013年1月6日(日)  撮影  樋口英子
新しい年が始まりました。今年も元気に楽しい山をたくさん登りましょう。新年初めの山は相模湖のすぐ上の嵐山、風光明媚な景観から京都の嵐山にちなんで付けられた名だそうです。紅葉スポットで知られる弁天島で熱々のトン汁パーティをして今年の抱負を語らいましょう。

コース:相模湖駅バス乗車-プレジャーフォレストバス停-嵐山-弁天島キャンプ場に
て鍋-弁天橋-相模湖駅

地図: 2万5千図 与瀬