2014年の山行記録



ちょっとすてきなウオーキング
武蔵五日市 天竺山
2014年12月23日(火)
武蔵増戸と武蔵五日市の間に横沢入という丘陵の囲まれた谷戸と湿地があります。小規模ながらも貴重な自然が保護され、気持ちの良いウオ?キングができます。きぜわしい年の瀬を前にのんびり歩いて見ませんか。



丹沢の空白部
織戸峠、椿丸、富士見峠
2014年12月20日(土)前泊-21日(日)
大栂、椿丸周辺は魅力のエリアです。かつて多くの林業従事の方々が暮らしていた地蔵平からは富士見峠、織戸峠などが生活道として使われていました。一般登山道はありませんが踏み跡はあります。今回は法行林道から織戸峠に出て椿丸、富士見峠と散策してみます。かつての人々の暮らしに思いを馳せ、そして表丹沢とはひと味もふた味も違う丹沢の景色にふれてみませんか。



すてきな古道と美しい集落
飛脚古道からユガテ、風影
2014年12月14日(日)
静かな飛脚古道からユガテに出ればユズやミカンがいっぱい、楽しいですね。美しい風影の集落を見ながら下ります。



クリーンハイクと忘年鍋山行
藤野 金剛山 宝峰
2014年12月7日(日)
藤野駅から相模川を越えた対岸に300〜400m台の可愛い連なりが金剛山、鉢岡山、宝峰です。今年も無事山へ登れたことを感謝し、鍋とクリーンハイクをします。



この季節がいい
地図読みで歩く 丹沢 大杉山
2014年11月30日(日)
西丹沢を登るにはいい季節になってきました。丹沢の地図の空白部と言われた大杉山でがこ難しいことは言わずに晩秋の山として楽しみながら登りませんか。地図読みでちょっぴり頭使って、すてきな丹沢の自然にもふれて、充実感いっぱいの一日としましょう。



爽快な尾根と展望
足尾の隠れ名山 中倉山
2014年11月15日午後 - 16日(日) 
中倉山(1539m)は正式な登山道はありませんがアルプス的なダイナミックな稜線は誰もが称賛する注目の山です。



低山の紅葉を楽しむ
高尾山の古道 郵便道から城山
2014年11月4日(火) 
かつて郵便配達に使われたという郵便道。古道と絶品の紅葉を愛でましょう。



圧倒される展望
山麓の紅葉も棚田もいい
長野 虫倉山
2014年11月2日(日)
虫倉山は圧巻の北アの展望、美しい麓の集落で人気の山、今回は車利用で楽に入ります。不動滝コースで往復し、山麓の栃倉の棚田、心癒される集落などもゆっくり楽しみましょう。



紅葉の尾根から展望の山頂へ
千曲 五里ヶ峰(1094m)
2014年11月1日(土)
千曲市にある五里ケ峰は低山ながら存在感のある山として注目されています。ミズナラ、モミジの紅葉の尾根を辿るとすばらしい展望がド?ンと開けます。千曲川沿いには北国街道のかつてを偲ばせる宿場もありこれも魅力です。



紅葉の大菩薩
柳沢峠-丸川峠-泉水十文字
2014年10月25日(土) - 26日(日)
この時期大菩薩の紅葉がすばらしいときです。丸川峠の東面には泉水谷がありますが、かつてはこの泉水谷から塩山へは交易路がいくつもあったそうです。学校尾根、エンマ御殿、、泉水十字路といった名前は当時をしのばせてくれます。ブナやシオジの森、清らかなせせらぎ、庭園を思わせる苔。大菩薩のもうひとつの魅力があります。今回は天庭峠からはいり、泉水十文字を中心に紅葉の中でゆっくりランチ、丸川峠へとまた戻ります。



紅葉真っ盛りの那須
三斗小屋温泉から三本槍岳
2014年10月12日(土) - 13日(日)
東北の紅葉はすばらしい。那須連峰もこの時期紅葉真っ只中、お勧めの山です。三斗小屋温泉への道もその美しさに時間を忘れることでしょう。素朴な三斗小屋温泉から翌日、紅葉と展望の尾根を辿って三本槍へ。岩場があるわけではなく東北の山々が見渡せる広々とした山頂です。中の大倉尾根から北温泉へと降り、紅葉と温泉三昧の2日間を締めます。



迫真の大展望と紅葉
北ア八方尾根から唐松岳
2014年9月26日(金)夜行 - 28日(日)
紅葉の八方尾根は見どころいっぱい。紅葉に彩られた八方池では池に映る白馬三山の神々しさ、そして第2ケルン第3ケルンと上がるごとに北アルプスのすばらしい展望が広がります。唐松岳頂上山荘では朝晩、剣、立山をはじめとする極上の展望が待っています。時間たっぷり、余裕いっぱい、アルプスど真ん中の紅葉、展望を心行くまで満喫できるプランです。



誰でも楽しめる美渓
布沢川と美人林 天水山
2014年9月13日(土) - 15日(日)
只見の恵みの森は広大なブナの森が残されています。布沢川はそんなブナの森をゆったりと流れています。キラキラ輝く水に魅了され、すばらしい森と水に心が動かされることでしょう。



花の朝日連峰大縦走
大鳥池から大朝日岳
2014年8月2日(土) - 5日(火)
飯豊と並んで東北の花の山です。今回は2日東京発で大鳥池、狐穴、大朝日と3泊、無理のない行程を組み、楽しみながら歩けるよう計画しました。下りは古寺鉱泉から左沢、山形の予定です。避難小屋泊は大変ですが、でも朝日のすばらしさはそれを補ってあまりある山ですから頑張ってみましょう。



3000mの雲上散歩
花と湖の木曾御嶽山
2014年7月19日(土) - 21日(月)
木曾御岳山は宗教の山のイメージが強いのですが、高山植物、そして散らばる大小の池のすばらしさはあまり知られていません。3000mの稜線上には見る角度によってさまざまに色を変える日本最高位の二ノ池、御神水でもある三ノ池は見事なコバルトブルー、そして岩陰に咲く高山植物、とくに継子岳周辺はすばらしいお花畑に出会えます。せっかくの3000mですから初日はゆっくりの出発でロープウエイですぐの7合目泊、翌日は山頂をふんで池めぐりと継子岳の花めぐりで五ノ池山荘泊、翌日はゆっくり七合目のロープウエイ駅へと下ります。



ひめさゆり咲く会津
目指岳 竜ケ岳
2014年6月14日(土) - 15日(日)
一押しプランです。目指岳(650m)竜ケ岳(532m)ともに低山ですが会津の山は標高では計れない面白さがあります。去年登った木地夜鷹の近くであり、竜ケ岳は岩の円形劇場ともいえるすばらしいスラブの岩壁が見られます。また目指岳の山頂は360度の展望で木地夜鷹のキツネ戻しの岩壁を始め、会津の山の深さをあますところなく見せてくれます。行程は短いので余裕を持って登れます。ヒメサユリの時期で山でもみられますが近くに見事な「ひめさゆり群生地」がありますので必見です。



赤城山お勧めコース
その名もつつじが峰-銚子の伽藍
2014年6月1日(日)
あまり人に教えたくない静かなコースです。つつじが峰というそのものずばりの山、つつじが堪能できます。そして途中にある銚子の伽藍は見てからのお楽しみ、ワーオきっと歓声がでます。とにかくいろいろ楽しめるコースとだけは言っておきましょう。



赤城山ツツジめぐり
五輪尾根 出張山-薬師岳-陣笠
2014年5月31日(土)
赤城山のつつじシーズンです。でも人の多い山は今ひとつ、そんな方にお勧めの、新緑、展望、ツツジ、楽チンと三拍子も四拍子?も揃ったコースです。前橋駅から車の予定なので時間があまったら覚満淵の高層湿原に立ち寄ったりもいいでしょう。



花好き集合!
花いっぱいの杓子山 鹿留山
2014年5月25日(日)
鹿留山のブナもすてき、高座山、杓子の花もすてき!ゆっくり歩けば花の多さに驚くことでしょう。清楚な山シャクヤク、ぜひとも見たいスズムシソウ、コアツモリソウなどなど。歩くより花に見とれる時間のほうが多くなりそう。いいのです。山頂に立つだけが山じゃありませんから。



山菜祭り
十字峡、赤湯方面
2014年5月17日(土) - 18日(日)
越後湯沢を基点に、六日町しゃくなげ湖先の十字峡、または仙ノ倉谷方面。車で機動力発揮で移動し、山菜とりと新緑の山を楽しみます。



新緑ハイク 自然が楽しめる
森戸川源流から二子山
2014年5月11日(日)
森戸川源流は清らかな流れと深い森が残され、住宅地近くとは思えない自然があります。この時期運がよければサンコウ鳥の「月、日、星ホイホイホイ」が聞けるかもしれません。まばゆい新緑も楽しめます。



春山JOY! 吾妻連峰
東吾妻山 一切経山
2014年5月4日(日) - 6日(火)
残雪の山にはきらびやかな美しさとそして明るい楽しさがあります。バスで浄土平まで入り快適な吾妻小舎をベースに吾妻小富士、東吾妻山、一切経山をゆっくり登ります。周囲の残雪に映え、五色沼の吸い込まれそうなブルーは、はっとするほど神秘的です。東吾妻山は鳥小平からの周遊で吾妻連峰特有のたおやかな山を堪能できます。



ビバ!会津 展望とブナ
花の飯谷山 鳥屋山
2014年4月26日(土) - 27日(日)
会津の山が輝くときです。飯谷山783m鳥屋山581mの里山ですが会津の山は標高からは計れないすばらしい魅力があります。春を告げる花、新緑のブナ、そして飯豊や吾妻を始めとする展望、派手さはありませんが中味の濃い楽しさ満載です。



中央沿線
展望の雨降山から
すみれの丘、権現山、浅川峠
2014年4月19日(土)
扇山、百蔵山の後ろに控えめに立つ雨降山権現山。1000mを少し超える山ですが以外に山深さが感じられます。展望もいいし、芽吹きの淡いグリ?ンとすみれ、シュンランなどが楽しめます。浅川峠から浅川入口へは静けさがうれしいエリアです。



シュンラン、スミレ、春爛漫
花ハイク 上野原駅 八重山
2014年4月6日(日)
八重山、能岳はこの時期花がたくさん見られます。下りは特にシュンランコースといわれる道をたどって花を堪能します。



伊豆天城の秘峰とも言われた
静寂の嶺 登り尾
2014年3月23日(日)
天城峠の南に位置する登り尾(1056m)はかつて天城の秘峰とも言われた山ですが現在、新山峠からのコースは整備され登りやすくなりました。それでもブナやひめしゃらの巨木の森に守られ、静寂さは今も変わりません。新山峠から河津七滝へ下り、充実した歩きです。



絶好のチャンス
八ヶ岳 夏沢鉱泉から硫黄岳
2014年3月15日午後発 - 16日(日)
富士山雪訓に2年以内に参加、もしくは過去2回以上参加した方にお勧めです。夏沢鉱泉へは雪上車で入ることができ、しかも夏沢峠からの硫黄岳は鉱泉コースより楽で雪山入門として、また雪訓をいかせる絶好のコ?スです。3月いっぱいほとんど満室という人気の夏沢鉱泉です。是非このチャンスを掴んでください。雪の硫黄岳の山頂は‥‥すばらしいのです。



スノーシューで西大嶺
モンスターの森と大展望
2014年3月1日(土) - 2日(日)
グランデコのゴンドラとリフトで約1600mに上がります。モンスタ?の森を抜け山頂に立てばそこは西大嶺1981m、磐梯山、飯豊、朝日、月山、などなど、ため息がでる360度の大展望が広がります。条件がよければ西吾妻まで足をのばします。標高差は500m足らずですが雪山をきちんと歩けることが条件です。モンスターの森は感動しますよ。



地図読み入門2
菜の花畑を抜けて
富士塚から曽我丘陵へ
2014年2月11日(月)
スタートをいつもの上大井駅ではなく新松田駅にします。途中広がる菜の花畑やロウバイの咲く道を富士塚から曽我丘陵に入ります。陽だまりの道は地図とコンパスを学ぶのにぴったり。楽しみながら学習できます。



巨木と滝をめぐるスノーシュー
峰の茶屋から白糸の滝
2014年2月9日(日)
信濃路自然歩道は白樺やカラマツ、巨木もありのすてきな樹林コースです。途中、氷結した白糸の滝、滝返ノ滝など見どころもあり、ゆったり楽しめます。小瀬から三笠ホテルまでつなげて、旧軽から軽井沢へと凱旋?です。自然いっぱいの森からセレブの街へ、優雅に楽しみましょう。



展望抜群ド迫力の浅間山
スノーシューでいく小浅間
2014年2月8日(土)
浅間山の脇、小粒ながら秀麗な山容の小浅間山。目の前の浅間山のド迫力、雪山の美しさに魅了されることでしょう。



ブナの森と温泉のスノーシュー
東北 乳頭温泉
2014年1月25日(土) - 26日(日)
東北乳頭温泉周辺のスノーシューイングです。冬季閉鎖の温泉を周遊するコースや田沢湖の展望がすばらしい丘など、天気に応じてぶなの森が楽しめます。



2014年1月19日(日)
保田駅から登れる低山ですが、途中山中に咲く水仙の群落あり、デデッポ?の足跡という巨人伝説の場ありで締めは菜の花と梅が出迎えてくれます。厳しい寒さが続く今年、春を感じるのはうれしいですね。地形図でコースとしての破線は繋がっていませんので、地図読みをしたい方にも楽しめます。

コース:保田駅-浅間神社-浅間山151m-水仙の山130m-デデッポ?の足跡-鹿嶺189m-光顕寺-長狭街道-保田駅

地図: 2万5千図 保田



地図読み入門その1
相模湖北
孫山桂北から孫山東尾根
2014年1月12日(日)
木々や花が春を目指してゆっくり力をためるように、わたしたちもこの時期少しでも山への知識を蓄えましょう。地図読みは3月まで3回行います。地図読みはわかってくると山登りが倍以上楽しくなりますよ。



新年山行
干支の山で縁起よく!陣馬山
2014年1月4日(土)
今年も元気よく楽しい山をいっぱい登りたいですね。まずは馬です。陣馬です。山頂の天にいななく白馬めざし、新しい年の一歩を踏み出しましょう。トン汁でほかほか温まりましょうね。