2015年の山行記録



ミニ奥入瀬 美しい源流の道
榛名神社から天神峠
11月15日(日)
榛名川沿いのかつての古道が、最近自然歩道として整備されました。沢沿いの道は木々も美しく、紅葉が楽しめます。天神峠に出たら氷室山、天目山と足をのばしてみるのもいいですね。ひと味違う榛名山が楽しめます。



鈴鹿 岩肌に絶品の紅葉
御在所岳
10月31日(土)-11月1日(日)
今回は下山をロープウエイとし、御在所を登るならこのコース!といわれる中登山道をとります。途中おばれ岩、地蔵岩など見所もいっぱい。キレットもありますが時間に余裕がありますのでゆっくりいきます。



奥秩父 瑞牆山中腹
カンマンボロン
10月17日(土)-18日(日)
カンマンボロンは梵語で大日如来を意味するそうで、その文字が中腹1700mの岩にあり見ることができます。弘法大師が彫ったと言う伝説や、自然の侵食によるものとかいわれていますが実際に見ると独特の雰囲気があり、パワースポットとしても人気が出ています。



谷川岳 群大山荘泊で遊ぶ
大人の自由時間
9月20日(日)
平標山で人気の美渓仙ノ倉、西ゼン、東ゼンなどに利用される毛渡沢の林道終点にバッキガ平があります。ここに建つ群馬大学の山荘に泊まり、たまにはのんびり過ごしませんか。釣りよし、西ゼンの入り口までの散歩よし、秋の花、山ブドウさがしもいいかもしれません。どこに行っても人で溢れる連休、静かに大人の時間を楽しみましょう。



秋の花と富士の展望
御坂 新道峠から大石峠
9月5日(土)
新道峠から富士山を横に花と展望の尾根を歩きます。大石峠は草地のやさしい広場、秋草に囲まれてゴロリと横になってしまいたくなるすてきな場所です。



誰もが楽しめる癒し系西丹沢
土沢三ノ沢
8月15日(土)午後 - 16日(日) 
世附川の土沢三ノ沢は緩やかな流れで難しい滝もなく初めての方でも問題ありません。中流部にはサラサラと水の流れる美しい滑もあり、やさしくてきれい!体力必要なし!まさに癒しの沢といえましょう。暑さを忘れのんびり水と戯れて心身ともにリフレッシュしませんか?アプローチは明神峠からすぐ、荷物はデポして空身で登れるという至れりつくせりの沢です。豪華な山ご飯もあり!



スカットと高山気分を楽しむ
日光白根山
8月8日(土) - 9日(日)
丸沼泊で快適な一夜を過ごしたら、朝いちのゴンドラで涼しいうちに稜線に登ります。高山的な稜線は花も展望もダイナミック、特に眼下に見える五色沼、弥陀ケ池は澄んだブルーの色の鮮やかさに誰もが心を奪わます。展望、花、ゆっくり楽しむプランです。



涼味満喫イワタバコめぐり
西丹沢 用木沢と西沢
8月2日(日)
清楚なイワタバコの群落をみるウオーキングです。沢沿いの岩壁に咲く薄紫のイワタバコは清涼感いっぱい。用木沢の道を往復後、西沢の下棚と本棚で豪快な滝と水しぶきにゆれるイワタバコを見ます。マイナスイオンいっぱいの沢道で花を楽しみ、水辺のランチを楽しみましょう。



安心して行こう!
花の飯豊山をゆっくり歩く
7月26日(日) - 30日(木)
去年の朝日連峰に続き「花の飯豊」の企画です。営業小屋のないこの山域、むりせず、ゆっくり、でもしっかり花を見るゆとりを持った行程にしました。究極の安心プランです。



爽快な尾根から草原の山へ
丹沢 大棚ノ頭から高指山
7月19日(日)
平野から車で山伏峠へ上がり大棚ノ頭から快適な尾根歩きが始まります。ブナよし、富士山の大展望よし 高指山の草原もよし。暑さを忘れて歩けますよ。



北八ヶ岳 稲子岳と
不思議な草原とニュウ
7月11日(土)-12日(日)
稲子岳と北側にある不思議な地形の草原を探索。しっとりとした森、草原の花、ニュウの愛らしい岩峰、一般コースにはない静けさも味わえ、北八のよさを再認識。



癒しの森
大峠 小金沢しおじの森
トレッキング
6月20日(土)
癒石小屋沢の源流部、雁ケ腹摺山の山腹に残された広大な「しおじの森」は訪れた誰もが絶賛するすてきな森です。少々天気が悪くても大丈夫、十二分に癒されること間違いなしです。コースはいろいろとれますので、ゆっくり木との対話を楽しめます。



山菜トレッキング
稲庭岳 /八幡平/茶臼岳
6月6日(土)-7日(日)
稲庭岳はゆっくり登っても1.5時間。でも展望は絶品です。おおらかな地形、のびのびする空気は東北ならではです。茶臼は八幡平の東、車からすぐの山頂ですがこれまた展望抜群!盛岡から車利用、民宿泊(テント希望もOKです)山菜を採りながらのんびり、山も高原も効率よく楽しめます。



伊豆
シャクナゲのトンネルと海の幸 長九朗山
5月30日(土)-31日(日)
30日は下田の寝姿山と高通山、松崎に移動して民宿泊。翌日タクシーで宝蔵院へあがれば山頂周辺のシャクナゲの群生をゆっくり見物。すばらしいアマギシャクナゲのトンネル。



新緑の榛名
山の幸と新緑のハイキング
5月9日(土) - 10日(日)
快適な「榛名の家」に宿泊。堀りたてタケノコや採りたてウドを料理。新鮮なタケノコは刺身でもよし、さっと焼いてもよし。うどは豪華に一本揚げ。新緑の林道や緑の中の三角点など歩いて、楽々のんびりの2日間。



西上州アカヤシオの花旅
山肌がピンクに染まる三ツ岩岳
5月4日(月)
下仁田川をはさんで烏帽子烏帽子岳の北よりにありますが、アカヤシオの山として大人気です。360度の展望、山肌を覆いつくすといわれているアカヤシオの花、これはやはり登っておきたいですね。



西上州アカヤシオの花旅
静かな山で花をめでる
富士浅間山
5月3日(日)
この時期西上州は大人気!でも下底瀬から程近いこの山なら静かにアカヤシオを楽しむことができます。標高898mながら花も展望もワイルドさもある充実感たっぷりのコースです。



夏山目指して
縦走路の岩場になれよう
4月26日(日)
鹿沼岩山は300m足らずの低山ですがその名のとおり1番岩から3番岩まで岩頭が連なり手軽に岩登り気分が楽しめます。今回は尾根上を往復することでより岩場に慣れ、夏山への準備を整えていきましょう。



ヤシオ咲く鹿沼
逆コースで楽しく石裂山
4月25日(土)
アカヤシオ、ムラサキヤシオ、シロヤシオで人気の山ですが。岩場、鎖場の連続する奥ノ宮からではなく逆の月山から往復します。行程は短いのでゆっくり登れば大丈夫です。



花の回廊をめぐる
六甲 荒地山 中山連山
4月11日(土) - 12日(日)
この時期六甲の山々はコバノミツバツツジやタムシバ、サクラ、スミレなど美しい花々につつまれます。六甲らしくちょっと岩場も楽しめる、ミニアルプス的な荒地山、そして花の稜線が楽しめる中山連山。



ミツマタ花盛り
地図読みで行く
西丹沢の静かな尾根
3月29日(日)
ミツマタの群落はミツバ岳だけではありません。花を楽しむならできれば静かなほうがいいと思います。地図読みを兼ねて秘密の花園に行ってみませんか。自分たちで見つける喜びはすてきです。



茨城の名山
360度の展望とアルプス的な道
奥久慈男体山
3月22日(日)
短い時間のわりにいろいろな要素の詰まった山です。健脚コースと一般コースがとれますがもちろんとるのは一般コース。茨城にもこんな魅力ある山があると再認識しました。



神楽山
3月8日(日)
泉ガ岳の予定を変更



地図読み 丹沢
田代向から桜祭りの松田山へ
2月21日(土)
田代向から寄自然林休養コースで最明寺公園に出て桜まつりの始まった松田山に出ます。短いコースですので地図読みも勉強しましょう。



赤岳鉱泉周遊
必ず役立つ基本の歩き方を学ぶ
1月24日(土) - 25日(日)
近郊の低山であってもしばらくは雪とかかわる季節です。基本の歩き方をマスターすれば雪があってもなくても安心です。雪の森や圧倒的な冬の大同心を楽しみながら、歩き方を中心にアイゼン(8本)、ストックの効果的利用法などを学びます。赤岳鉱泉は暖かく快適に泊まれますので、是非参加してください。雪のある無しにかかわらず、これからの山に役立ち自信をもって歩けることでしょう。



行って、見て 南三陸応援!
伝説の追分温泉泊
1月10日(土) - 12日(日)
毎年通っていた南三陸、大震災後いろいろな意味でまた行きたい場所でした。土地の方がうれしいのは一人でも多く来てくれることの声も聞かれます。今回は温泉と食事がすばらしい人気の追分温泉が予約できています。レンタカーで釜石から南三陸へ今見ておきたい場所をまわり、買い物や食事をすることで多少なりとも地元に貢献できたら、と思います。南三陸の海岸が一望のもとにできる田束山(512m)、神行道山(450m)にも登り、三陸のかけがえのない自然にもふれてみましょう。



新年山行
羊と富士山で新年を祝おう
丹沢前衛 弘法山
1月3日(土)
弘法山は眺めもよく富士山の凛とした姿もすばらしい山です。今年はちょっと寄り道してめんようの里でなま?ひつじさんに会いましょう。きっといいことがあるかも。恒例トン汁パーティーで、さあ今年もすてきな山歩きをスタートさせましょう。